「あぶさん」になった男 酒豪の強打者・永渕洋三伝

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.50
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 15
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041014837

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あぶさんのモデルは、愚直でかっこいい。昭和のパリーグ好きだ。代打で凡打した後に風呂入ってたら、打順が回ってくるとこがたまらない。

  • 野球ファンなのに知りませんでした!
    1日で読破しました。凄く面白い内容でした。
    昔はこんな個性的な選手が沢山居ましたなぁ~

  • リアルタイムでは知らないがエピソードだけは知っていた選手。こんな個性的な、でも魅力的な人物だったとは。

  • 明け方まで飲み明かし、酒の抜けぬまま球場入りして、ホームラン。古きよき時代の野球選手の話。永淵洋三のことは知らなかったが、ルーキーイヤーは二刀流だったというのも興味深く読んだ。今でこそパリーグには人気選手もいるが、40年前はまだ『人気のセ、実力のパ』の頃。テレビでパリーグの選手を見るのは、オールスターと日本シリーズくらいだった。今はなき近鉄バファローズの選手というのも渋く、野球好きにはたまらない一冊だった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1964年熊本県生まれ。ノンフィクション作家。青山学院大学文学部卒業、早稲田大学第二文学部卒業後、大学に勤務しながら執筆活動に入る。2008年より専業作家に。『巨人軍最強の捕手』(晶文社)で第14回ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。他に『この腕が尽きるまで』(角川文庫)、『人を見抜く、人を口説く、人を活かす』(角川新書)、『「あぶさん」になった男』(KADOKAWA)など。

「2018年 『イップス 魔病を乗り越えたアスリートたち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「あぶさん」になった男 酒豪の強打者・永渕洋三伝のその他の作品

澤宮優の作品

ツイートする