艦隊これくしょん ‐艦これ‐ とある鎮守府の一日 (角川スニーカー文庫)

制作 : こるり  「艦これ」運営鎮守府 
  • KADOKAWA/角川書店
3.65
  • (3)
  • (7)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 96
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041015247

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本来、小説を拝読するなら、波乱万丈好き。戦記、剣、魔法、銃。バトルものに血沸き肉躍るタイプの人間です。
    艦隊これくしょんのノベライズも、何冊か購入、拝読してみました。
    一番楽しめたのが、こちらの『とある鎮守府の一日』(『瑞の海、鳳の空』は未読、読みたい枠です)
    本編ゲームで、嫁艦の殆どが、可憐、天使、キュートなタイプの為…。
    本格的にシリアス、怪我をされるよりも、ゆるふわ日常きゃっきゃ最高!との趣味発動と思われます。
    可愛くて、楽しい内容。提督のキャラにも、非常に好感が持てます。穏和で優しい好青年タイプです。
    のほほん、まったり、癒しを頼む!との方にはお勧めです。

  • 幾つか出版・連載されている艦これライトノベルの一つと世界観を共有する、漫画版のアンソロジーに近い雰囲気を持つ本作。
    その作風上「戦闘よりもほのぼの系が好き」という読者向けである。
    惜しむらくは誤植か誤認か、一部設定ミスがあることと、所謂三次創作(原作者は同じだが)のためメインキャラがかなり偏ってしまうことか。

  • 大人気ブラウザー・ゲームのノベルズ版。鎮守府を守る艦娘たちのある1日にスポットを当てた短編集。

  • 同レーベルの「一航戦、出ます」と同一世界観でありながら、こちらはゆるゆる日常系が短編で5話収録。
    筆者が3人の共著ですが、細かい設定は引き継いで書かれているのかな?そこが見えないのが残念なところ。(駐:コンプティ-ク連載時には著者がはっきりしているのかもしれませんが・・・本誌は未読なので)

    赤城さんが腹ペコ系なのは、もはや公式設定ですね。ココでも毎話食べています。

  • 他の艦これノベルと違い、深海棲艦が出てこないのでほのぼのとしたエピソードが中心で新鮮だった。川内型三姉妹が活躍していて個人的には良かった。一航戦以外の空母の登場が少ないのが悲しかった。今後もいろんな艦娘の活躍を日常シーンという形で読んで見たいと思わせる内容だった。

  • 同じスニーカーの一航戦ノベルと同設定の日常編。うん、もうこれをアニメ化したらいいんじゃないかな(笑)日常系大好き人間としては満足です。いろいろな艦娘が出てきて賑やかな雰囲気が感じられました。こるりさんの挿絵も多くてほっこり。川内型多めに感じたのは絵師の好みかな?(笑)戦記モノもいいけど、こっちはこっちでのんびり読めるし、出番のなかった艦娘もいるから続巻も読んでみたいなぁ。

  • ……えーと、「居酒屋・鳳翔」とか、「夜戦仮面・川内」とか、そういうネタ設定も半オフィシャルって理解でいいんでしょうか? (汗)
    そういう緩い設定を許せば、「まったり鎮守府生活」を求めている提督たちにはピンポイントな代物かと。

全8件中 1 - 8件を表示

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ とある鎮守府の一日 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

椎出啓の作品

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ とある鎮守府の一日 (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする