九十九怪談 第七夜

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.60
  • (0)
  • (7)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041015520

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おもしろい

  • 7巻の本当の怖さは、カバーを外したとき。

    ああゆうのは、やめましょうね。油断してるところに飛び込んでくるのは、一番怖いです。

  • 怖い目に遭った人は覚えている。表紙をめくれない。借りた本の悲しさ。

  • 毎年恒例となっている『九十九怪談』の読了。
    一気に読むと何かが起きそうで
    少しずつ読んだけど、3日間で読み終わってしまった…
    電車の中でも家でも読んでいると
    ときどき鳥肌が立ってしまう…

  • 毎年恒例の実話怪談シリーズ最新作。実話怪談ものは各社から色々と出ているが、やっぱり新耳袋から続くこのシリーズが一番面白いと思う。
    怖いものからつい笑ってしまう可愛らしい(?)ものまで色々とあるが、第27話の『お刺身』には爆笑した。そんなに刺身が好きなのか、お父さん!ww

全6件中 1 - 6件を表示

九十九怪談 第七夜のその他の作品

木原浩勝の作品

ツイートする