八月の六日間

著者 :
制作 : 謡口 早苗  大武 尚貴 
  • KADOKAWA/角川書店
3.66
  • (97)
  • (264)
  • (228)
  • (33)
  • (6)
本棚登録 : 1575
レビュー : 262
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041015544

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日常と非日常
    日々の生活で擦り切れることがあっても
    山に登り自然や体や人に触れパワー充填し
    また、日々の生活に戻る

    主人公の語りが静か
    縁のできた人の思い出し方も人柄があらわれるようで素敵
    「麝香鹿」さんとの再会はいいですね

    「原田」への言葉
    どう、話かけたのかと気になってましたが
    ニヤリとなりました
    いい旅をしているなぁと
    なにかしこりのようなものが
    様々な人とのふれ合いのなかで気づかぬうちにほぐれていったのかなぁ

  • だいたい読むと舞台になったところに
    行きたくなりがちなのだが、
    山は別かも、読むだけで十分。
    脳内登山を楽しませてもらいました。

    山に向かう前の荷物の準備の方が案外
    読んでてワクワクするのはナゼ?(笑)

    それにしても、北村さんって中身は完全に
    女子なのかも、ってくらいよく分かっておられる。

  • 山地図を広げながら読了。
    燕岳からの槍を思い出し、あこがれの雲の平に思いをはせながらと大変楽しませて頂きました。
    会話の軽妙さも良かったのですが、会社勤めの現実とそれを振り切って山へ向かう主人公の姿があまりにも私達と等身大で、小説の中の話というカンジがしませんでした。
    雨が降ってびしょ濡れになったり、体調不良で登頂できずにルート変更して下山したりと、変に美化されず山登りのありのままがあった。
    文庫がでたら購入して山のお供にしよう

  • 久しぶりの新刊。嬉しい。
    題材が登山でびっくり。慌ただしい日常の合間の登山。1人登山が好きな主人公は、登山をしながら、ゆっくり自分と向き合う。アクシデントあり、失敗あり。後悔あり。でも、登山中に出会うひと、景色、食べ物。いろんなことに感謝しつつ、また、山に向かいます。頑張るんだけど、無理はしてはいけません。と、優しく言ってくれる感じが大好きです。主人公は登山に行く時に、本を2.3冊持っていくのですが、その本の紹介もあって、それが、オマケのようなお得感でなお、嬉しい。

  • 2014年5月刊。
    ひとりで山を歩くのが好きな、40歳初心者 山ガールの物語。
    主に槍ヶ岳方面の実在の山や小屋が舞台なので、山歩きが好きな人はより一層楽しめそう。
    北村さんらしい、なんとも日本語がきれいな小説。各話の最初に出てくる手書きマップも微笑ましい。

    ◆【引用メモ】花越しの眼下に、今やって来た道が見えた。コンビーフの缶を開ける時、付属の金属でくるくると細く、缶の周りを巻き取って行く。それに従って、コンビーフの肌が、道を開くように見えて来る。あんな感じに、緑の中に長く土の色が見えている。(p.237)

  • 等身大のアラフォーの女性の山登り
    今はやりの山ガールとはちょっと違った種類の山女
    山女と言うとガチな雰囲気の人を想像させられるけれど、そんなことはなく子供のように自然に対しては素直なところが率直に好感が持てます。
    どっちかと言うと山が好きな女性の日常日記かな?
    都会の職場の中では、肩に力を入れてがんばっているけれど職場を離れると肩の力が抜けてだらんと等身大になるもがまたいいです。
    だから、山では子供もように感じて素直になれるもしれませんね。
    紹介のように山女のガチな取り組みを規定して読まれるとがっかりしますが、等身大の女性の日記を読んでいると思うととっても充実すると思います。

  • こどものころはよく親に山に連れていかれた。
    記憶に刻みついているのは、名もない数百メートルの山をのぼっているときに、突然雨が降り出したこと。
    それまでは晴天の山登りしかしたことがなかったから、荷物の雨具にうざったさを感じていたけれど、あれが必要になるときは前触れもなくやってくるのだなぁと。
    なんとなく、人生に似ている。
    主人公の登山前も道具が羅列される。特に食糧に目がとまりがちになったけれど、その他の荷物を背負ったら数十キロ・・・そんなに必要なものが多い場所へのぼっていくには、それ相応の理由がある。
    山に登る理由はひとそれぞれで、見える景色もそれぞれで。
    この小説もまた、理由のひとつ。

  • 流行りの20代の山ガール(初心者)ではなく、
    アラフォーの働く山女子(初級者)を主人公に、
    ♪アルプス一万尺でお馴染みの北アルプス縦走が、
    日常の一服の清涼剤として爽やかに描かれています。

    日常の精力的なキャリアウーマンの姿と、
    その弱音を癒す何ヶ月に一度の山歩きが、
    気持ちよく溶け合っており、読了感のよぃ作品です。
    山歩きをしなぃ方にも、興味を持たれる作品でそぅ。

    主人公が、
    日常のキャリアウーマンとしては、ベテランの域で、
    そのストレスを癒してくれるアルピニストとしては、
    初級者といぅ点も、ふつぅ感があって好感でした…。

    舞台となる北アルプスの一部は、
    20年以上前の高校時代に、2度、縦走しましたが…、
    その頃と、ほとんど変わっていなぃ今の様子もまた、
    悠久の大自然を感じさせてくれ、懐かしかったです。

    山歩きは、ベテランにとってもキツイ運動ですが…、
    少しばかり無理しても、無謀なことは決してしなぃ、
    といぅ不文律も、作中ではしっかりと守っており…、
    山ガール(予備軍)にとっても、参考になるでそぅ。

    差し当たり、夏(休み)に向けて、オススメかも…。

  • 北村薫『八月の六日間』
    ブランチで特集されていたので、その日の内に中身も見ずに購入。

    あけてびっくり。
    目次には、『八月の六日間』ならぬ
    『?月の?日間』がずらり。

    少しは見てから買ったんじゃないの?
    普通見るでしょ?ぱらぱらっと くらい。
    と言われてしまいました。

    やっぱり、山登りってきついんだ。
    何で登ってんだろう?って後悔してもいいんだ。

    何だか、また山に登りたくなりました。

  • 景色が目の前に迫ってくるようでした。読むだけで山登りできた気分です。自分にとって、小説を読むことが「わたし」の山登りと同じやもしれないです。スノーシューは、一度やってみたいですね。『何もやらないツアー』も参加したいです!

全262件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

1949年埼玉県生まれ。高校教師を務めるかたわら、89年『空飛ぶ馬』で作家デビュー。91年『夜の蝉』で日本推理作家協会賞、09年『鷺と雪』で第141回直木賞、15年には第19回日本ミステリー文学大賞を受賞した。エッセイや評論、編集の分野でも活躍している。近著に『八月の六日間』『太宰治の辞書』『中野のお父さん』など。

「2019年 『覆面作家の夢の家 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

八月の六日間のその他の作品

北村薫の作品

ツイートする