子の無い人生

  • 329人登録
  • 3.23評価
    • (8)
    • (30)
    • (48)
    • (9)
    • (7)
  • 41レビュー
著者 : 酒井順子
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年2月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041015568

作品紹介

酒井順子、はたと気づく。
独身で子供がいない私は、誰に看取られる?
『負け犬の遠吠え』から12年、未産女性の今とこれから。

30代は既婚女性と未婚女性の間に大きな壁がありました。
結婚していなければ単なる「負け犬」と思っていた酒井順子は、40代になり悟ります。
人生を左右するのは「結婚しているか、いないか」ではない、「子供がいるか、いないか」なんだと。
期せずして子の無い人生を歩む著者が、ママ社会、世間の目、自身の老後から沖縄の墓事情まで、子がいないことで生じるあれこれを真正面から斬る!

子の無い人生の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いやもう拍手喝采!まさに我が意を得たり、ですね。賛否両論あるようですが、気楽な既婚子ナシ族のみなさまには特におすすめしたい。別に悩んでもいないし傷ついてもいないけど、それってなんだかなあ・・・な子ナシあるあるが満載で、思わず吹き出しちゃうわ、そのすっとぼけた表現力や鋭い分析に感心するやらで、あっという間に読んでしまいます。それにしても、一歩間違えれば重苦しいテーマなのに、よくぞここまで軽やかに、飄々と書き綴って下さいました。後ろめたさを持ちつつも、子ナシの状況は一種の清々しさが伴う、とまで言い切る筆者に、よくぞ書いてくれたとお礼を言いたい。

  • エッセイですが社会問題に触れている部分が大きいかと、ジャンルは「社会」。

    確かに親を3人見送ってみたら、子供は看取り(後始末)要因だなというのはつくづく感じます。
    子なき自分は死ぬのはいいけど誰が諸手続きや片付けなどしてくれるのか、放置して置く訳には行かぬ遺体の始末は誰の手に委ねられるのか…何一つ自分でどうにもできないのはもどかしい。
    お金で解決と言ってもお金のない人はどうするのか、金で頼んだ人間が自分亡き後本当にきちんとしてくれる信用に足る人間なのか…結局、悩みは根本的には解決しようがありませんね。

    でも一つ言えるのは、ここにも書かれているように「老後のために」「自分の成長のために」子供を「創った」と豪語して憚らない人が私の回りにもいますが、そういう風な人間じゃなくて自分は良かったということです。

    サカジュンさんは、子供を持たなかった人生を何だか申し訳なく思っておられるようです。世の中は大人になれば子があるのが当たり前、子を持たぬ・持てなかった人でも欲しかった・持ちたかったという人の方が多いのかもしれません。

    でも今の世は、子を持つということについて、きちんと考えたことのない人が出来たからといって子を産み、きちんと育てられず虐待したり放置したりしているというのがたくさんあるように自分は感じます(確かに虐待してしまった全ての大人が浅はかだったり愛情が欠落しているわけではないですが)

    子がない暮らしをしていると「気楽でいいよね」的なことを良く言われます。心から腹が立ちます。時々見下されている感じも如実に受けます。
    どれ程悩み尽くしてコナシ人生を選んだのか、そう言う人にはわかるものかと思います。ま、語れるものでもないので仕方ないですが。

    コナシ人生を生きている自分ですので興味を持って手に取りましたが、サカジュンさんの本書のスタンスには共感できないところもかなり多かった。よくこのテーマに切り込んだな、と感嘆しますが、ずーっとモヤモヤしっぱなしでした。
    今後の著作にも注目して行きます。

  • 著者のナナメから目線によって、改めて、日本の女性たちが「子どもを産んで当たり前」プレッシャーにさらされているか、肌で感じられた。 有名人が40を過ぎて不妊治療に取り組んでいる様子を報告したり、テレビでもママタレ枠の壮絶な奪い合いがあったり。「こういう家族が理想だよね」押しつけがスゴいもんなー。一般人もSNSでこれでもかと見せつけてくるし。今や当たり前になっていることに、なんかヘンだなと気がつかせてくれた。

  • 送れなかったもう一方の人生をどう捉えるか、という議論にも思える。もしあっちの学校に行っていたら、もしあっちの会社に行っていたら、もしあの人と結婚していたら、もし子どもがいたら(いなかったら)。それを考えたところで、何も生まれない。自分だったらどう考えるだろう。今の生活だからこそ得ていること、それを最大限生かす方法を真剣に考えるかもしれない。
    世間の風当たりや子無しハラスメントや周囲の目はとても気になるが、それらを凌駕するほどのテーマ、志、ミッション、熱中できる何か、情熱を向ける対象を持ちたいと思う。

  • うーーーーん。
    唸りながら読んだ。
    付箋貼りながら読んでたら、付箋だらけになってしまった。

    もともとオレは酒井順子の本は好きでよく読んでるんだけど、これは今まで一番ヘヴィーだったなー。

    『負け犬の遠吠え』よりも更に、奥深いところをついていて、ポリティカル・コレクトネスの問題もあり、非常に表現しにくいところを、明晰に、表現している。

    男がこれを書いたらアウトだろうけど、酒井順子だから、書ける。

    でも、女は子供を産むためにはタイムリミットがあるから、そこで色んな緊張が生じるけど、男は産む性じゃないから、子なしでもヘーキみたいなことが書いてあるけど、それは間違ってる。

    男だって、結婚してなかったり、子なしだったりしたら、周りから、不快なことを、いろいろ言われるよ。
    はっきり言ってそれは完全なセクハラなんだけど、男に対するセクハラは、より見えにくいから、たいへんなんだよ。
    男に関する記述以外は、ぜんぶ納得だけど。

    そうなんだろーなー、とか、あるよなー、とか思いながら読んでた。
    現在の時代状況を正確に表現してる。
    野田聖子ちゃんの記述とか。オレも彼女が書いた本を読んだし。
    それに安倍昭恵にインタヴューしたこととか。政治の世界なんて、野蛮な風習もいっぱい残ってるから、彼女はほんとうにたいへんだったと思う。

    酒井順子が途上国の貧しい子達に里親制度で献金をしていて、その子たちに合うために現地へ行ってみたら、インフラストラクチャもぜんぜん整ってなくて、貧しいんだけど、ある意味、日本人より幸せそうに見えて、考え込むカンジが、こちらにもよく伝わってきた。

    この人の洞察は、深いなあ。

  • こういうこと語り合える人は本当にいないんだよね。だから、この本に出会えて良かった。同じような気持ちを抱える子ナシが世の中にたくさんいるんだろう。そして、子ナシハラスメントを受けている。何が正解かなんてわからない人生。それでも、結局はこの社会の状況を受けてふわふわっと生きているんだなぁ。これが自分の意思じゃないと気付いたら悲しいけど、その場その場で考えてきたつもり、と自分を納得させよう。

  • 2016.6.15読了
    「子供は看取り要員」のために産んだわけでもないし考えてもいなかったけど、私は親を看取り、子は私を看取るのかと思うと、やっぱり一人では死ねないのだなと考える。子供を授かってもこうはなるまい!と思っていたことも、普通にやっちゃってるのかもしれない。耳が痛い話もあり、考えさせられることもあり。(図書館)

  • 既婚子ナシは負け犬に入る?
    今回は子なし族に(ネーミングが面白い)焦点をあててます。
    子どもは看取り要員として必要とか生涯独身女性は実家のお墓に入れない…など著者自身の切実?な思いいで書いたエッセイ。

  • 子の無い人生なんて、何もそんな悲しい(とイメージしてるのは自分)タイトルの本読まなくたって。と思ったけど、立ち読みすると読みやすかったので。
    さすが酒井順子さん。
    沖縄の慣習や政治の時代、源氏物語に至るまで、時代を越えて女の価値を決めてきたのはひたすら、子どもがいるかどうか、ということを書いている。
    結婚しても子どもがいないと、グループ分けでは未婚子なしと同じ扱いを世間から受ける。
    じゃぁ、あの「負け犬」はなんだったの?
    というふうに、この10数年を振り返りつつ、酒井さんもアラフィフになられたことで、視点も変わったようです。

    男性より、女性の方が、子どもがいるかどうかで評価されてしまう世の中。生きづらいですよね。
    なんか、少子化問題単独の対策を立ててもどうにもならんと思うのよ。長時間労働とかね、非正規労働者とかね、待機児童とかね。女性活躍とかね、今は結婚して子どもがいてこそ、女性活躍のスタートラインに立てるみたいに言われて、なんで国はそんなハードル上げるんだよ、違うとこあげろよ(下げろよ?)と思ってしまう。

    あと20〜30年したら、子なし族の介護時代が到来するんだって。子どもを持たなかったことを「自己責任だ」と言われるんだろうけど、何も残さないシンプルさもあるのかもしれません。

  • どストレートなタイトル
    生涯子供がいないということについて性別、時代、カルチャーを越えて検証している
    今の日本では中々辛口かつ本音の滲み出た本。

    「下に見る心」を差別対象の前で決して出さないことが差別なき世の第一歩となるのではないか。
    40歳前後といえば女性にとって出産可能な最後の時期。そろそろ下腹部では蛍の光が聞こえてこようという年齢。という言い方がなんとも(笑)我々世代が高齢者となる頃は婆ではあるが祖母ではない人が大量に発生する。
    女性も頑張ればなんでも手に入るようになった時代。しかし、勉強やスポーツや仕事と同じように「子供が欲しい」と頑張っても容易に得ることは出来ない。出産前には「結婚」という関門が立ちはだかっており、その関門をくぐり抜けるには男性の同意を取り付けなくてはならない。そしてその結婚をするには「自分さえ辛い思いに耐えればどうにかなる方法」とは全く異なる努力をしなくてはならないので、矢折れ力つきる人が多い。

全41件中 1 - 10件を表示

子の無い人生のその他の作品

酒井順子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

子の無い人生を本棚に登録しているひと

ツイートする