物を売るバカ売れない時代の新しい商品の売り方 (ワンテーマ21)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.42
  • (20)
  • (40)
  • (62)
  • (12)
  • (5)
本棚登録 : 514
感想 : 54
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041015674

作品紹介・あらすじ

「業界5位」のビール会社が××を売って「業界1位」になった!北海道のホテル-「空港からクルマで5時間」の町に観光客が押し寄せる、愛知のスーパー-「値段は普通、スペース1/4」それでも儲かる。物を売るな、物語を売れ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  小売において重要な示唆を含む72の販売実例をもとに、販売促進で「エモ」、感情的な消費を目的にせよ、と説く一冊。
     小売において安さ、実用性、利便性や知名度は重要だ。それは競争力になる。けれども、その理性に訴える売り方は更なる競合者に負けたとき一挙に乗り替えられてしまう。ならば感情に訴え、物語を利用して売る手法を考え抜かねばならないのではないか? その言に耳を傾けておくべきだろう。
     なお小売業のあらゆる事例が取り上げられているため、ビジネスのための実例集というだけでなく、「いい話」のセレクションとしても楽しむことができるだろう。

  • 最低でも五回は読みたい。
    品質、価格、作り、等々、商品やサービスが成熟しきった日本では、確かにただただ物を売るだけの時代は過ぎ去った。

    そこに必要なのは「物語」
    元来、人類は文字を操る前から、教訓や歴史を口伝による物語で繋いできたわけだ。

    久々の良書だな。

  • "これからのセールス・プロモーションについて判りやすくまとめられている一冊。
    良い物は売れる、という時代は終わった。物と人が紡ぐ「物語」を売る事の重要性を説いている。
    読んでよかった一冊。

    「物語を売る」=「商品の良さを、より理解してもらう」というブランディング的な思考だと感じた。
    良さは既に持っている事が多い。必死こいて探すものではない。
    改めて企業や製品の過程や、ポジショニングを考える必要がある。
    そして、その「良さ」を効果的に伝える事が最後に重要だ。

    -----------------

    ◆同業者なら誰でもしっている情報、当たり前過ぎて伝えてこなかった事実を先駆けて開示すると独占的かつ永続的な効果がある by クロード・ホプキンス

    ◆価格を下げると価値も下げる
     ex)10,000円のワインを1,000円で売ればその価値になるし、逆もまた、相応の価値を得る。

    ◆ストーリーの黄金律
    1.何かが欠落している、または欠落させられた主人公が
    2.何としてもやり遂げようとする遠く険しい目標やゴールに向かって
    3.数多くの葛藤、障害、敵対するものを乗り越えていく

    ◆ストーリーブランディングの3本の矢
    1.志
    2.独自化のポイント
    3.魅力的なエピソード

    ※独自化のポイントを見つけるには、ファーストワン、ナンバーワン、オンリーワンを探すと良い。
     東京近郊で気軽に登山を楽しめる山No.1=高尾山!のように、カテゴリを限定していくのも◎

    ◆お客さんとはWin-Winではなく、Love-Loveを目指す
    1.物語を売る(伝える)
    2.おもしろそうだと思わせる
    3.五感すべてに訴える
    4.共通の体験をする
    5.自分をさらけ出す
    6.ミステリアスを残す
    7.期待値を1%でも上回り続ける

    ◆その他感じたことを雑記
    商品+人(想い)=ストーリー
    同じ授業内容でも面白いほうが記憶に残る→人は面白そうだと感じた事に興味を持って記憶する
    社長の想いも、おもしろ社員も、お客様の声も、全てストーリーになる
    むやみにストーリー作りをしていくのではなく、理念とビジョンが大前提。
    その次に良い製品・サービスである事が前提。その上でのブランディング戦略。"

  •  同じものなら、付加価値の高いものに有難みを感じる。苦労を乗り越えてこれができたという物語を提供することで、消費者に何度も選ばれうる愛される商品になる。勿論、商品そのものの品質のよさは大前提としてなければならない。
     人もまたしかり。成功も失敗も盛り込んだ、自分だけの経験こそがその人の物語となり、その人の「売り」となる。

     物語によって共感を得ることにより、物や人の本来持っている価値が正しく理解される。

     成る程。

  • 物が飽和した時代に物を売る方法。
    スーパーより高い野菜が通販で売れる謎
    なぜこのもやしが買いたくなるのか?
    奇跡のリンゴが映画になった理由
    小さなオフィス機器販売会社がモテる理由
    同じ新幹線の車内販売で4倍売れる秘訣
    結局全ては人なんだという法則

  • フォトリーディング
    物語を売る

  • 「物語を売れ」。良く聞く事だが、いくつものエピソードを聞くのは面白い。

  • 最初から最後まで新しいものの見方を授けてくれる本。本書は物をただ物として売るのではなく、その商品や会社の背景などをストーリーにすることでファンを獲得し、売り上げを増やすことを説く。私は、マーケティング素人であるにも関わらず、新規の知識をたくさん得られたし、それでいて説明がわかりやすくて理解しやすかったし、また、本書内でたくさん取り上げられている事例もとても面白かった。今回初めて、オーディオブックで読了したが、音声だけでも大変わかりやすく、整理された内容だった。続編はテキストで読もうと思う。

  • 事例が豊富でわかりやすい内容でした。
    商品を売ろうとしてはダメ。
    大事なのは物語。
    そして「商品に人をプラスすると物語になる」というフレーズは忘れないようにしたい。

  • When humans are stimulated by the most sensitive sensations, their emotions move.

全54件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

コピーライター&作家。大阪大学人間科学部卒業後、広告会社を経て独立。東京コピーライターズクラブ新人賞、フジサンケイグループ広告大賞制作者賞、広告電通賞、ACC賞など受賞歴多数。言葉のプロとして、書籍・映画・TV番組・音楽などの「タイトル」にずっと注目し続けてきた。本作では無数のコンテンツのなかから厳選したヒット作のタイトルを分析し、「『すごタイ』13の法則」を導き出した。
主な著書に『ザ・殺し文句』(新潮新書)、『物を売るバカ』『1行バカ売れ』(ともに角川新書)、『江戸式マーケ』(文藝春秋)、『川上からはじめよ』(ちくま新書)など多数。海外にも数多く翻訳されている。

「2022年 『すごいタイトル㊙法則』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川上徹也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パトリック・ハー...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×