白桜四神 花嫁修業は五里霧中! ? (角川ビーンズ文庫)

著者 : 伊藤たつき
制作 : 硝音 あや 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年6月28日発売)
3.68
  • (5)
  • (8)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :57
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041015797

白桜四神 花嫁修業は五里霧中! ? (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ第5巻。
    あれこれと正体がばれないように立ち回ってきた白桜ですが、今回のもとの容姿に戻れる秘薬はさすがに無理があるのでは…と思いました。
    いつ正体がばれてもおかしくない上に、命まで狙われるようになってどうなることかと思いながら読み進めていきましたが、四神の跡取りたちが協力してくれたり、そのおかげで国崩しの嵐をなんとか食い止めることができたり…といった展開は面白かったです。

  • 【ネタばれ感想注意】

    シリーズ5巻目。
    作者さんのあとがきによると、これにて第1章が完結したようです。
    サブタイトルに漢数字を入れてるので、もしかしたら8か10でシリーズが終了してしまうのかなと恐れていたのですが、まだまだ続くようで安心しました♪

    さて、まずは表紙感想から。
    今迄、白桜と青丞の2人だけだった表紙に、とうとう3人目が登場しました!
    しかも、青丞より鵬玄の扱いが大きいです。
    白桜を優しく見守ってくれていた鵬玄でしたが、これからどのような反撃を見せてくれるのか楽しみです。

    本編では大内裏に内侍として上がった白桜が、帝の中宮候補として後宮で命を狙われる事件が発生します。
    そんな白桜を陰日向になって頼もしく守ってくれるのが、後宮警護の任に就いた鵬玄でした。
    …白桜が知らない時も常に守ってくれる鵬玄が格好良いです!
    押せ押せの強引な青丞より、無骨だけど無言実行で守ってくれる鵬玄の方が絶対に良いよ!白桜!

    第1章完結なだけあって、長く仲違いをしていた青丞と異母弟の碧嵐、そして父である龍宝帝とも和解し、ひとまず青龍家の問題は落ち着きを見せます。
    しかし、想月は白桜に別れの言葉を残すと、忌み神一族の恨みも捨て去っていってしまいます。
    …これはまさかの展開でした!
    いくら里桜の笑顔を守りたいからと長年抱いてきた恨みつらみを捨てるのはちょっとご都合主義な感も否めませんが、最後に愛は勝つで仕方ないのかもしれません。
    彼が再び白桜の前に現れる時が訪れるのでしょうか。
    あ、ちなみにラスボス感漂ってた「あの方」が呆気なく捕まってて少し拍子抜けしました(笑)。
    次巻から新章開始ですが、ラストで青丞が白桜の秘密を知ってしまったのかも気になります。
    しかし、本当に白桜はうっかりし過ぎ。

  • 妹より。
    相変わらず苦労してる。
    一難去ってまた一難。
    しかし四神後継者みんなにバレたんじゃない?(笑)
    どうなるんだろ~。

  • 尚侍として出仕することになった里桜でしたけど、目の色を変える薬とか、ちょっとご都合主義が過ぎませんか?って感じがしました。まあ、確かに赤い目だと難しいですけど。

    四神の2人は白桜=里桜と知っていながら黙っていて、知らないのは青丞ばかりなりって状態でしたけど、最後はとうとうばれちゃったかな?

    けっこう無理があるお話でしたけど、白桜=里桜って分かった(と思われる)青丞の行動に期待してます。

全4件中 1 - 4件を表示

白桜四神 花嫁修業は五里霧中! ? (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

伊藤たつきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする