花神遊戯伝 あさき夢見し、かぐやの戯 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 鳴海 ゆき 
  • KADOKAWA/角川書店
3.78
  • (6)
  • (7)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041015827

作品紹介・あらすじ

女神『緋宮』の力をもって復活し、大好きな暴君・胡汀との再会を果たした知夏。荒廃していく都で護剣士『緋剣』の一人、伊織の救出に向かう。だが、魔物・滸楽を憎む朝火と激突! さらに、帝の恐るべき策略が…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 神様たちオールスターキャストで壮観。水戸黄門よろしく神様に『ははあっ、参りました』とならないものかね?ところで九支さんは一体何をしてるんだろ?賢い人と思ってたけど、帝側、春日側に着くのは何か違う~、と思わんのかね?

  • 読み飛ばし

  • 次の巻で最終巻です。
    緊迫した状態が続くなかで、絶対絶命のピンチに継ぐピンチをどう切り抜けるのか?
    知夏の必至の説得がぐっとくる巻きです。
    華麗なピンナップも、折り合いのつかない気持ちとの狭間で揺れる憂い顔の朝火、知夏への気持ちを率直に口にするようになった胡汀、主への忠誠と知夏との間で悩める未不嶺と、三者三様のカットが萌えです。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3997.html

  • もう、ずーっと同じことしかしてなくて、
    もう少し成長とかさせて欲しい。

    だって、毎回知夏は敵の人に手をさしのべて、
    みて欲しいならそういってくれれば見るよーとか
    言うけど、人多すぎて見れてないし、
    見れないことでまた悪い方向に進んでしまうし(笑)

    珍しく主人公が動けば動くほど悪循環になる物語。
    とりあえず、知夏は動かず、対神をどうにか
    することだけしてたら早いような気がする。

    神様たちが到着遅いのも、うむ。
    そんなに仲間殺さなくてもいーのではないかしら。
    後一巻できちんとまとめられるのか少し不安。

  • 朝火さん...!!わかってはいたけどやっぱり朝火さん好きだー!!
    相変わらず容赦なく登場人物ログアウトしていくけどあと一巻で終わるのはさみしいな...
    そろそろ白雨さんが恋しいです。お姉様に会いたいです。
    伊織さんも...
    未不嶺さんはメンタルが心配です。そろそろ誰かストレスで倒れてもおかしくないと思う。
    あとがきにあったカットされた部分もすっごい読みたい...もしくは見たい...番外的な感じで実現しないかな...

  • 胡汀さんや、自重してそれかい!(笑)自重せんかったら、どんだけデレるのかしらね。話前半は胡汀のデレがいたるところで出てたのだけど、後半は(´;ω;`)ウッ…ふわゆる穂野さんが(´;ω;`)ウッ… 土老人が変化してできた鳥居からは既にこの世にはいない神?が出てきたのだけど、神限定なの?あれ、和邇族も神の一族だったよね?ぬまごえ様とみずの様は癒しだわ。泣ける!タイトルのかぐやは何を意味するんだろう?

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

9月7日生まれ。860万アクセスの大人気WEBサイト「27時09分の地図」(http://ash-map767.riric.jp/index.htm)でia(イア)名義でオリジナル小説を公開中。2012年ペンネームを糸森環と改め、「花術師」(双葉社)でデビュー。「she&sea」シリーズ「花神遊戯伝」シリーズ「F-エフ-」シリーズ(株式会社KADOKAWA 角川書店)を刊行。

「2019年 『竜宮輝夜記 天よ望めよ、恋の久遠』 で使われていた紹介文から引用しています。」

花神遊戯伝 あさき夢見し、かぐやの戯 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

糸森環の作品

ツイートする