傷だらけの拳 道場 (2) (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
4.00
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (449ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041016046

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 空手をすることでの人間形成など、とても魅力ある話だった

  • 『されど愚か者は行く 道場Ⅰ』の続編の連作短編小説。長らく文庫化されたかった作品で、角川文庫から文庫化されたのは本当に嬉しかった。純粋な格闘小説というより、神野聖司から闘心館空手道場を任された藤堂忠之の苦悩や挫折、成長を描いた小説である。

    本作では、主人公の藤堂よりも道場の最高顧問を勝手に名乗る入門10ヶ月の白帯・富永栄助と道場の指導員・山本健三の方が活躍する短編が多いようだ。富永が巻き起こすドタバタに藤堂が巻き込まれるが、時として藤堂が富永に助けられる事もあり、山本は常に安定の強さの空手家として藤堂よりもカッコよく描かれている。

    『初恋』『告白』『黒船』『ひがちゃん』『遺書』の5編を収録。

  • 面白かった。第1弾とは違う面白さ。登場人物がいずれも魅力的。とくにトミーが効いている。

  • 前作での、緻密だけどスピード感ある格闘アクション描写に魅せられ、続編の本作を探しまわったけど、書店でまったく見つけることができなかった絶望感を払拭してくれる文庫化に狂喜乱舞。

    そして、その内容も期待を裏切らない出来。

    本作では健三や富永、悠子のキャラを深堀するような話が多かった印象。それに絡めて主人公藤堂の、不器用で要領の悪い様子が前作以上にデフォルメして描写されており、好意的にとればキャラがより立ってきたという感があります。

    脇役の存在感が強まった反面、押しの弱い主人公の存在感が薄くなってしまった感は否めませんが、ここは続編(あるのか?)で払拭してくれることを期待ですかね。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1960年、鹿児島県に生まれる。國學院大学卒業。週刊誌記者を経て、1991年に、フリーランスのノンフィクション・ライターとなる。2000年、『サイレント・ボーダー』(文藝春秋)で作家デビュー。以降、警察小説、サスペンスとノンフィクションそれぞれで活動。『19歳 一家四人惨殺犯の告白』『閃光』『刑事の骨』『彷徨う刑事』『カミカゼ』『三日間の相棒』『狙撃』『12月の向日葵』『悔いてのち』『総理に告ぐ』などがある。

「2016年 『毟り合い 六億円強奪事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

傷だらけの拳 道場 (2) (角川文庫)のその他の作品

永瀬隼介の作品

ツイートする