三毛猫ホームズの花嫁人形 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
2.91
  • (0)
  • (1)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041016268

作品紹介・あらすじ

挙式直前の花嫁が殺害された。遺体に残されていた花嫁人形と同様のものが、大女優・草刈まどかの婚約会見の直後にも発見され、さらに第二、第三の殺人が起こる。大人気シリーズ第37弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昔大好きだった三毛猫ホームズシリーズをふとまた読みたくなり、最近の作品を買ってみた。犯人の動機があまりにひどいのが少々気になった。

  • 三毛猫ホームズシリーズ#25

    このシリーズは今まで順番通り読んでたんですが、ちょっと飛ばしてわりと最近のを。なんだかさらっと終わってしまい、読み応えがなかった気がします。

  • インターネット用語の解説に時代を感じる。犯人は早い時点で目星がついた。それでもテンポの早さで面白さは落ちない。

  • お気楽読書。
    会話文が多く、登場人物もそこそこいて、誰が犯人なのか見当もつかなかったが(笑)、種明かししてみると、こんなもんか、って感じ。

  • 面白いのは、面白いけれど少し軽い感じがした。読了後はええソウナンて言う終わりかたでドキッとした。余り重々しくても詰まらんけれど軽いトリックに嵌った感じですね。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

三毛猫ホームズの花嫁人形 (角川文庫)のその他の作品

赤川次郎の作品

ツイートする