財務省の階段 (角川文庫)

著者 : 幸田真音
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年5月24日発売)
2.44
  • (0)
  • (2)
  • (7)
  • (6)
  • (3)
  • 53人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041016367

作品紹介

財務省の若手官僚が自殺を図った。遺されたノートには昭和初期の経済政策が綴られていた――彼の真意とは? 国会議事堂、日銀、マスコミ、金融市場を舞台に、経済の裏側に巣喰う禍々しいものの正体に迫る!

財務省の階段 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まさかの経済ホラー短編集でした。
    金融市場の窓で出てくるような、ディーリングルームの切羽詰まった空気の描写がリアルな感じでとても好きです。
    経済とホラーはあんまり合わなかったような気がします。

  • 久々の失敗となってしまった。
    各業界の専門用語を連ねて話しを進めるのは良いが、ホラーとしてのオチの所に捻りがなさ過ぎる。
    阿刀田高氏のC級品以下のレベルだ。

  • オムニバス形式。短編6編。経済ホラー小説というのに興味を惹かれて。
    政治・経済に携わる人々が突然巻き込まれる奇妙な出来事。ホラー部分はオカルトと怪談の中間のような感じ。作中で語られる政治・経済の話と合わさって空恐ろしさが増す。でも消化不良な感じが残る。
    「金融市場の窓」が一番よかったかな。

  • 初めての幸田真音作品であり、初めての経済小説。作品名の「財務省」という言葉が気になって衝動買い。
    他の経済小説はどんなのなのだろうかと気になった。

  • はっきり言って、酷い
    全く趣味に合わない
    タイトルから想像していたものと全く違うものでして

  • 先日本屋さんをぶらついていたら、幸田真音女史の文庫本を見つけました。かすかにタイトルを覚えていたのですが、単行本は2011に出版されていたようです。

    小説の内容は、彼女があとがきで述べているように、彼女が初めて挑戦した経済ホラー小説です。6つの短編小説からなっていますが、どれも続きが読みたいなと思いました。

    彼女自身も述べていますが、この手の作品は取材に時間がかかる割には、小説として仕上げるのはもっと苦労するようですね。彼女の渾身の力作をソファーにもたれながら楽しんで読書するなんて贅沢だなと、良い時間をいただきました。

    2014年6月22日作成

全6件中 1 - 6件を表示

財務省の階段 (角川文庫)のその他の作品

財務省の階段 (角川文庫) Kindle版 財務省の階段 (角川文庫) 幸田真音

幸田真音の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
東野 圭吾
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

財務省の階段 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする