聖剣の姫と神盟騎士団 V (角川スニーカー文庫)

著者 : 杉原智則
制作 : Nidy-2D- 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年5月31日発売)
3.38
  • (2)
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :31
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041016558

聖剣の姫と神盟騎士団 V (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全巻に比べ、物語が佳境になってだいぶ面白くなってきた。す主人公と騎士団員との信頼関係も上手く表現されていて読んでいて楽しい。

  • 過去話が中心。フィーネやイアン、ハスターの変化はそれなりの見所だけど、ダークの小物っぷりが少なくて、改めてやっぱ主人公はダークなんだと思った。次巻こそ、ダークの冴える頭脳と思い通りにいかない展開に期待。

  • 島の問題を解決して谷へ帰ってくるまで。
    次で打ち切られそうな気配。

  • ドライグ…。何だろう、竜って泣かせるいきものだな?最近、竜が出てきたら大体泣かせる展開になるような気がしている。これは人工知能萌えと同じく竜萌えも来るか!?…いや実はもうあるのかそういうの?
    しかしロナはなんなんだ。あざとすぎるぞ…。ヤミーさん大喜び間違いなしだぞ…。
    ダークとフィーネもどんどんいいコンビになってきてにやにや。でも、なんだお前らいちゃいちゃすんな、ってなる寸前にダークさんが小悪党ぶりを見せつけてくれるからこの主人公ほんといいなあ。
    次巻第一部完…第一部、ですよね!?そんなこと言って第二部がずっと出ないとかそんなんじゃありませんよね!?

全4件中 1 - 4件を表示

聖剣の姫と神盟騎士団 V (角川スニーカー文庫)のその他の作品

杉原智則の作品

聖剣の姫と神盟騎士団 V (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする