闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! (2) (角川スニーカー文庫)

著者 : 東亮太
制作 : ユメのオワリ 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年8月30日発売)
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041016572

闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! (2) (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カワイイ魔物たちとにぎやかにダンジョン経営を繰り広げる様子がとても愛くるしくて、なんか憎めない作品。
    1巻を読んでから随分経っているので忘れてしまっている部分が多く、こんな設定だったっけ? なんて、思い出しながら読む羽目になったのが悔やまれます。続けて読むべきでした。

  • 今巻は、千魔迷宮に買収されブラック企業となった迷宮で、魔界を巻き込んでストライキをする話。小さなものが大きなところに反抗するのも、アイディアを捻って行動するのも、盛り上がりも何もかも良かった。

  • シリーズ当初は単純に昨今の魔王勇者系の流行りに乗っかった作品かなと思っていましたが、開いてみれば仲間との絆を守るために突出した力は無いが機転と熱い心を持った主人公がコメディタッチで奮闘する仲々良いお話でした。
    レーベルのプッシュが少ないせいか打ち切りと思われる勢いで本巻にて完結しているのが非常に勿体無く感じます。
    作者の力量で綺麗にまとめられててはいますが、後半たたみにかかっているのが感じられ寂しい思いです。
    ダメ人間?ながら憎めない愛嬌を振りまいてくれたドラゴン少女のフェリスやポンコツ可愛いアンデッド少女のタニヤ、若干チョロ臭のする高レベル女冒険者のリオ、健康的なお色気と先輩の気遣いを見せてくれるセイレーンのセレナさんなど愛すべきキャラクター達の今後を見ることができないのは非常に残念です。
    恥ずかしながら作者のお名前は存じてましたが今まで未読だったため、ぜひ他の既刊シリーズも読んで見たいと思います。

    追記
    作者のブログを見に行き、もともとモンスターや妖怪愛好家であることを知り納得。
    私も同好の徒であるため親近感を感じました。
    水木しげるさんの妖怪大百科シリーズ私も全巻もってますよ。

  • うーむ、ラストがなあ

全4件中 1 - 4件を表示

闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! (2) (角川スニーカー文庫)のその他の作品

東亮太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! (2) (角川スニーカー文庫)はこんな本です

闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! (2) (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする