少年陰陽師 招きの音に乱れ飛べ (角川ビーンズ文庫)

著者 : 結城光流
制作 : あさぎ 桜 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年6月28日発売)
4.14
  • (16)
  • (9)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :155
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041016619

少年陰陽師 招きの音に乱れ飛べ (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 都に妙な噂が囁かれ始めた。
    曰く、履を見つけると行方不明になる。

    じい様は目覚めないし、先輩は咳こんでいるし。
    都の妙な噂が最初なのか、モノローグが出てくる存在が
    問題なのか。
    前回のおかげで多少すっきりしたのか
    命婦はちょっと風当たりが柔らかい?

    元凶として出てきた人もいるわけですが
    それを元凶とした存在がいるわけで…。
    怪しいのは、仕えているあの人、のような気もします。
    最期にちくっとした聞き方してましたし。
    忍び込んできた男も、一体それを誰から聞いたのか。
    普通にヒロインがピンチです!
    これ、ずっと続くのでしょうか…??

  • あらすじに道敷編て書いてあったから風音編と繋がってるかなと思ったら、当たってた。

  • 新刊で買い逃してから、手を付ける暇なく続巻が出て、読むに読めない状況になっていた第九章。ようやく読めました。

    前回血の気が引いた〈件〉がまた登場していて、もうホントに止めてくれ…という感じ。前巻で昌浩は大人になったなぁと思ったけれど、彰子も従者に狙われるなんて大人になったんだなぁ、と思いつつ、昔は男の心根ひとつで地獄をみたんだろうな、と思って嘆息。中世の欧州でも似たようなものだったのかもしれないけれど、日本家屋は物理的な障害物がないぶん、本当に心根ひとつだったんだろうなぁ。つらい。

    というか、14歳から4年って描写があるということは、彰子17歳、昌浩18歳?彰子は適齢期くらいかと思ってたけど、もしかして行き遅れじゃ…?(-_-;)

  • 昏々と眠っていた晴明さまが目を覚ました事に太陰ちゃんと一緒に本当に安心しました。

  • 最近新章でもしょっぱなから雰囲気重いからつらい...
    前章何が起こったかもよく理解できてないし...時を戻した???ん???みたいな。私の頭が残念なだけなのはわかってるんだけど。
    そのうちメインの誰かが遠いところに行きそうで嫌だな...

    太陰...もう...様子見てるだけでつらい...
    最後のあれはほんと泣くかと思った...

    道敷編ってだけあって「道」がよく出てくるけど、どうかみんなが笑顔で過ごせる道を歩めたらいいなあ...

  • もう前の内容うろ覚えでえ?って箇所がいくつか
    シリーズ変わって、構成はあいかわらずだけど持ち直した印象があるのでもう少し読もうかな…

  • 【別置/請求記号】 B/913.6/ユ/37 
    【資料ID】 1001012171 

  • 似たようなネタが続いている印象。視点が子どもの時と今とで違っているから比較という意味では面白いけど。ずっと読んでた人にしか楽しめなくなってきているなと。
    個人的には対面は御簾越し、指一本触れてないのに言いがかりつけるなとボヤく孫にワロタ。直接顔みたいしお触りしたいらしい。
    あと彰子セコムのセンサーは対人妖問わず感度良過ぎで惚れ直すレベル。

  • 昌浩君かっこいい!!
    けど2人はいつくっつくんだよ!!おねーさん寂しいよ!!←
    螢見に行こうよ螢!!

    なんかみんな暗ーい感じでいやだなぁ
    みんな幸せになってほしいのになぁ

    というかりゅーさいさんなんか大事な家系の人だったの!?昌浩は柊子さんほっといていいの!?
    道敷と智鋪は読み方一緒だけどかけてるのかな……

    そして雑鬼たちの存在感が半端ない
    孫じゃなくて昌浩って呼ぶようになったんだね

  • 件の事件がまだ終わっていないのね。
    段々、彰子と昌浩の距離が遠くなっていくのが切ない。
    うーん、当時の18歳と云うと今の15歳くらいか。でも、この時代にはもう結婚していたりするんだよね。
    じいさま復活はファンとしてはうれしい。

全12件中 1 - 10件を表示

少年陰陽師 招きの音に乱れ飛べ (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

結城光流の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

少年陰陽師 招きの音に乱れ飛べ (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

少年陰陽師 招きの音に乱れ飛べ (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする