少年陰陽師 こごりの囲にもの騒げ (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : あさぎ 桜 
  • KADOKAWA/角川書店
3.91
  • (11)
  • (10)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 142
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041016626

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ようやっと起きた祖父。
    ひとつ心配は減ったものの、陰はまったく収まらず…。

    十二神将はまだ回復中、というわけで
    枕になった姿が可愛いですw
    そんなほのぼのから、お仕事風景。
    今回は履が中心になってますけど、ようやく主人公の実力を
    そのまま出しても大丈夫状態に。

    小出し小出しに出てくる情報に、あれ? でした。
    該当してる者が一人…。
    そして出てくる件。
    前回も引きずっているし、これどうなるの? ですが
    どう考えても面倒な方向です。
    さらに面倒というか、ごちゃごちゃしそうな感じが
    最期に出てきてますし。
    面倒な遺産(?)を置いて行ってくれたものです。

    そしてじい様…そこで何故若い姿。
    そして『彼』に容赦ないです(笑)

  • 第9章 道敷編 第2巻
    〈件〉が出てきて何もないなんてありえないと思ってたんだよ…。ですよねー!って感じです。。。そして敏次の咳は何かしらキーワードなんじゃなかろうかと思ってたんですが、けっこう重要…?敏次って養子でしたっけ?ちょっと設定を思い出せないんですが、もしかしたら柊子の妹の子供なのかしら…とか想像してしまったり。
    そして比古とまゆららしき狼が出てきてたけど、まさかまゆら死んだ!?うそ!

  • じいさまが目覚めてよかった...太陰もよかったね...
    状況は全然よろしくないけど

    夢殿のあれはダメだ泣く。謎の陰陽師殿もね...もうなんも言えなくなっちゃうよね...
    そういえば孫の方には親友ポジションいないよねって思ったけど彼らはどうなのだろうか。というか久々に登場したと思ったらあんなんで大丈夫なのか。

    とっしーいいいいいいいいい!!ちょっと待って今あなたがいなくなると多分色々な人がつらい!!
    シリーズ当初からちょいちょい出てくる件がラスボスな気がしてきた

  • あーやっと二部?っぽくなってきましたね。
    ようやくあーなるほど?これがしたかったのねってちょっと思えたけど☆三つ。

    ぽんぽん巻を出してくれるのはいいけど、あまりにも紙面の上で目がすべるすべる…。さくっと読んで、はい終わりみたいな。もう没頭して読むような感じではない。もう発刊スピード落として、ぎゅーっと詰め込んでほしい。
    PC短編小説はよかった。なぜなら勾陣が好きだから。

  • 絶不調な敏次さまがとても心配。そして、じい様、おはようございます! こっちはこっちで安心した!

  • 【別置/請求記号】 B/913.6/ユ/44
    【資料ID】 1001012254 

  • 晴明が死んで完結かなあ 寂しいけれども
    だって長すぎるよー
    お友だちのちょうちょもしんぱい
    妹はどうなったのだろか

  • そろそろ、尸櫻の話は……。

全9件中 1 - 9件を表示

少年陰陽師 こごりの囲にもの騒げ (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

結城光流の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

少年陰陽師 こごりの囲にもの騒げ (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする