精霊歌士と夢見る野菜 金色の約束 (角川ビーンズ文庫)

著者 : 永瀬さらさ
制作 : 雲屋 ゆきお 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年7月31日発売)
3.68
  • (4)
  • (9)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :53
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041016664

作品紹介

自分の心を奪った天才、エイディの隣に並び立つ。『精霊歌士』として-。野菜しか作れない落第生のメロウは、"砂漠の王子様"と呼ばれる問題児のシャーディー、臆病すぎるリーリという個性的な補講仲間と力を合わせ、数々の課題を乗り越えてきた。だが、最大の難関が。なんと、精霊歌士になるための最終試験を審査するのは、幼いメロウを捨てた母親、王国の女王その人で…!?王道ラブ・ファンタジー、感動のフィナーレ!!

精霊歌士と夢見る野菜 金色の約束 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今までの伏線をきれいに回収してます。
    ラブは比較的あっさりですが、要所でエイディが色気出してるので個人的には大満足。
    メロウ急成長しますが、それもちゃんと資質と努力の結果なのが好印象。
    相変わらず起きたトラブルの処理があっさりさっくりなのは、3巻まとめとしては仕方ないのかな、でもちょっと残念な部分です。
    全体的には世界観の作り込みがしっかりしていて読みやすかったです。

  • やっぱりキャラのぶれ具合が
    気になってしまう。
    始めての作品?だからか、
    できればキャラをしっかり作った上で書いた方が
    この作者ならもっと面白くなると思う。

    一番は母親。
    結局えっ!?ってかんじで。
    父親とかはいったい何を思ってたのか…。

    兄たちも、もっとばかっぷりを
    えがいててくれないから、
    裏切られたのかというハラハラ感も薄い。

    主人公に関しては努力を描くとこも少ないし
    実は天才みたいな感じもないから、
    なぜ歌えたのか…いまいち納得できない。

  • トラブル、裏切り、挫折…となんでもありの第3巻だった。
    ちょっと詰め込み過ぎの感が有り、そのせいか登場人物たちの心情がやや置いてけぼりのような。

    でも、きれいごとのみに収めず、一癖も二癖もある脇役をうまく動かしてストーリーを進めていった手腕には、素直に感心した。

    今後の作品にも期待したい。

  • 問題にぶつかって乗り越えては足元をすくわれるという、一冊の中にいくつもの困難が詰め込まれていて少女小説ではちょっと珍しい作品だと思います。

    主人公は自分に自信の持てない育ち方をしながらも、明るく努力家です。仲間と絆を深めながら少しずつでもともに確実に成長していく様子が面白い。

    本編250ページ未満の文章量なのに読みごたえがありました。
    文章は読みにくいところもありますが、この作者の次の作品が出れば読んでみたいと思いました。

  • 感動のフィナーレ。大満足のフィナーレ。
    面白かったよおおおおお!!!!!

    契約精霊たちの主人を想う気持ちに感動して涙し、
    エイディの天才ゆえの弱い部分に胸を痛め、
    エイメロのいちゃいちゃベタベタに萌え転がり、
    メロウの努力が実るよう、自分のことのように願った最終巻でした。
    終わっちゃったなー。ああ~~~寂しいなあああ。

    コンサート前に女王と会ったところから、二人で歌ってラヴィを取り戻すまでの流れが本当に本当に大好きで。
    ラヴィが精霊樹の種になることを選択したのも、二人の本気を引き出すためには最良だったと思うし、メロウとエイディなら自分を目覚めさせてくれるって信じてなきゃできないことじゃないですか。
    そういう中臨んだ試験の最中に、自分の歌いたい歌はエイディを一人にしないための歌だ、って気付く辺りがもおさあああ!
    二人への愛おしさで心のダムが決壊した。

    メロウはどんな歌を手にするんだろうって、ずっと思ってた。
    色んな優しい人や友達、契約精霊と出会う中で、メロウらしい、まっすぐで優しい答えを見つけてくれて良かったなあ。
    主人公が色んな人の想いを繋げて自分の道を作っていくお話が大好きなので、このラスト、本当感動でした。

    シリーズ終了は寂しいですが、また永瀬さんの新たな物語に出会えることを楽しみにしています。

  • ラスト巻です。女王である母と娘の対決という構図への盛り上がりを期待したのだが、なんとなく足りない。恋に友情、精霊との関係、歌士になるための試験への対応に、新しいお店を開く話でひと騒動…色々な要素をラストに詰め込みすぎて、散漫になってしまった印象で、中だるみを感じた。
    でもラストに、いじけ気味だった主人公と似た性格の精霊ラヴィがきっちり見せ場を作ってくれたので、読後は満足。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4129.html

  • 「歌」「野菜」「精霊」「シリアス」「恋愛」「学園」といったさまざまな要素を総合的なおもしろさにつなげられなかったように感じました。次回作があるとしたら期待したいです。

  • シリーズ3巻目で最終巻。
    精霊歌士になるための最終試験が始まる。その審査をするのは女王であるメロウの母親。その審査内容は男女でペアになり、精霊樹を成長させるというもの。途中まではシャーディーと組んでいたメロウですが、やっぱり最後に一緒に歌うのはエイディでしたね。ずっと追いかけてきたエイディと隣に並び、手を取り合い歌う2人。そして、契約精霊のラヴィの決意に感動しました。頑張る主人公が数々の苦難を乗り越えて成長していく王道ラブストーリー。ラブは若干少な目ですが鈍いメロウに代わり要所要所で色気を醸し出すエイディがいるので読んでてドキドキさせてくれます。シャーディーが最後まで可哀想だなぁと思いましたが(兄があぁだし)、ラストは未来を予感させる展開で良かったと思います。1,2巻ではマスコット的存在でしかなかった契約精霊も最終巻では大活躍。もちろん可愛いのですが、可愛いだけではなく彼らなりの心意気を感じさせてくれました。シリーズ通して面白かったので次回作にも期待しています。

全9件中 1 - 9件を表示

精霊歌士と夢見る野菜 金色の約束 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

永瀬さらさの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

精霊歌士と夢見る野菜 金色の約束 (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする