ブラッドラッド (12) (カドカワコミックス・エース)

著者 : 小玉有起
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年10月31日発売)
4.18
  • (2)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :77
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041016756

ブラッドラッド (12) (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ベル、ついに言ったー!!それにしても、この漫画はいい三白眼キャラが多くて好きだなー。

  • “「何でテメェもヘコんでんだよめんどくせぇな」
    「別にヘコんでねぇよ ちょっと考えてただけだ」
    「お前冬実にもブん殴られたんだってな」
    「あぁ笑えよ
    どんどん女に嫌われていく俺のエンターテインメント性に」
    「やっぱりヘコんでんじゃねーか」
    「ヘコんでねーよ」”[P.89]

    じわじわと進む。
    ベルちゃんが告った……ベルちゃんが告った!!
    そしてちょいちょいでてたパティ、以後活躍しそう。

    “「そういやスタズって今頃何してるんだろうなー
    このままじゃあいつがボスって事忘れそうだぜ」
    「忘れないっスよ!
    自分の中でボスはスタズさんだけっス」
    「そのわりにお前変身すっかり忘れてるけどな…」”[P.177]

  • テング祭り開催中!
    もう少し話が進んでも良かった気がするけど。

    しかし、物語に派手さは無いけど、不思議なテンションでじわじわだけど着実に進んでいくのが気持ち良いんだなぁ。

全3件中 1 - 3件を表示

ブラッドラッド (12) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

小玉有起の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ブラッドラッド (12) (カドカワコミックス・エース)はこんなマンガです

ツイートする