亜夜子と時計塔のガーディアン 約束のチョコレート (角川ビーンズ文庫)

著者 : 喜多みどり
制作 : サマミヤ アカザ 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年12月27日発売)
3.81
  • (3)
  • (11)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :47
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041017180

亜夜子と時計塔のガーディアン 約束のチョコレート (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これからなのに何故終わったー?!

  • ラストのシーンから再び対決があるのかと思われましたが、二巻で完結のようです。2人の関係が恋愛未満で終わってしまって、面白かっただけに残念な気がします。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4602.html

  • あとがき読んで、えっこれでシリーズ完結!?と。色々終わってませんがな。今作は切り裂きジャックを絡めてロンドンで立ち回り。レイとアヤコの関係がもどかしくて良い。レイの因縁の相手も登場して、政治的暗躍なのかただの快楽主義なのか。校長先生が堅物と思ったら、レイ大好きか!(笑)。チョコレート、最初に食べられなかった時点で、ラストシーンはこれかなーって思いましたね。これから「F」との衝突も増え、レイとアヤコの仲も進展していくだろうに、ここで終わりとは残念。

  • 一巻があまりキャラクターが掴めなかったので不安でしたが、今回はみんなとても魅力的で事件もかなり緊張感のあるものになってて面白かった。
    イラストのアヤコの華奢で弱々しいイメージで読んでたので、あれ?なんかキャラ掴めない…って最初は戸惑ったけど、実は元気で真っ直ぐな子なのですね。
    なんかイラスト合ってないかも…。
    せっかく面白くなってきたのに、打ち切りだなんて悲しすぎる>_<
    もっとレイとアヤコとシーモアの活躍読みたかった。

  • すごく好きになれそうなシリーズでしたが2巻で終わり!
    なんか唐突すぎて。
    残念です。
    ただ、その中でもしっかりまとめてきた作者の力量はすごいなと思いました。

  • 打切り、ですか?
    もう少し、一押しあっても良かったと思います。

  • とても上手で、ずっとメモを取りっぱなしの本でした。

    今回は、亜夜子がレイに押し倒されるところから。いやほんとに。
    まあそれは、読んで確かめてもらうとして、事件は(英国紳士が日本から留学して来た淑女を押し倒すのも事件だけど)レイの友人シーモアが警察に逮捕されるのが入り口になっています。

    容疑は、切り裂きジャックとして。

    当然友人が切り裂きジャックとは信じられない、というかそうではないと確信している、そして、自信が切り裂きジャックと因縁浅からぬレイは、友の濡れ衣を晴らすべく動き始めます。

    シーモアの父親や学校の校長といった、腹に一物あり裏側を見せたりしない大人たち、レイと離れ離れになってしまいながら、不慣れなロンドンの下町で捜査に奮闘する亜夜子、亜夜子を拒絶して何も語ろうとしないレイ……。
    という事件の展開を背景に、婉曲的で毒味のある上流階級の会話、娼館や下層階級と警察の衝突などロンドンの綺麗ではない面、校長寮のキッチンでキッチナーを使ってマーマレードを作るところなどの作者の趣味全開の描写(だと思う……)のエピソードを交えて物語は進んでいきます。
    もちろん、主人公である亜夜子とレイの関係もしっかり描かれます。今回はレイに拒絶されてショックを受けたり立ち直ったり、レイと離れてみて初めて分かる彼の人柄や過去があって、それに対しての想いも二転三転したりと、大忙しの亜夜子でした。女の子は大変ですねえ。それを約束のチョコレートが結びます。


    最初「とても上手」と言いましたけど、例えばこんな所。

    亜夜子たちのいるスタグフォード校とロンドンのホワイトヒルズ校がフットボール(イギリスなので、サッカーです)の親善試合をすることになっていて、その打ち合わせでレイとホワイトヒルズの学生が話す場面、傍で見ている、留学生である亜夜子の視点で、レイの発音が綺麗なこと、綺麗な発音がこういう場では大事であることが描かれます。それと対比する、捜査のためにロンドン下町で聞き込みをするレイの、ほとんど聞き取れないような訛りの強い発音。これでイギリスの上流階級と下層階級の違いを描きます。「シスター・ブラックシープ」の三巻でもそうでしたけど、裏社会とか下層とか、そういう部分を描いて重層的に街を描くのが作者はとても上手だなあと思います。
    これはしかも、伏線のための伏線ではなくちゃんと物語に必要なエピソードになっています。親善試合はこの巻の終盤で大事な役割を果たしますし、レイが下町の話し方ができるのは、彼自身の生い立ちによるシリーズを通した大事な描写なのです。

    こういうのが随所にあって一々溜息をつきながら読んでいました。切り裂きジャックが(登場します!)自分を信用させるために使ったトリックとか。


    それと、すごいびっくりしたんですが、終盤段々そういう雰囲気が滲んてきていたのですが、実はこの巻が最終巻でした。すごいショック……。

全8件中 1 - 8件を表示

亜夜子と時計塔のガーディアン 約束のチョコレート (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

喜多みどりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

亜夜子と時計塔のガーディアン 約束のチョコレート (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする