僕だけがいない街 (5) (カドカワコミックス・エース)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
4.28
  • (150)
  • (149)
  • (45)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 1197
レビュー : 80
  • Amazon.co.jp ・マンガ (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041017432

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あからさまに先生が怪しく描かれていて、ミスリードなのかもうわからない。
    5巻はラスト以外は平和という印象。
    悟がコーヒー飲みながら窓の外をみているシーンがお気に入り。

  • そうかー、アジトは男のロマンなのかー…女子にはいまいちピンとこないなぁ…(笑)

  • 雛月を救う事は出来たのかもしれない。ただ、事件はまだ解決していない! 親友・ケンヤとともに真犯人を見つけ出す決意を固める悟。だが事件を解決してしまうと元の2006年には戻れなくなってしまう可能性が…?(Amazon紹介より)

  • 一巻に同じく。

  • 街に潜む真犯人…
    悟の正義の心は輝いているッ!

    ラストに驚愕ッ!

  • とうとう動き出してしまった、悟のもうひとつの人生。アニメではもうラストに近い話だったけど、コミックではまだ3巻残ってるね。私にとっても、未知の領域に入っていくのかな?

  • うわー最後のページ怖いからーー

    最初こそ怪しかったものの、逆にここ最近の展開からは完璧に除外していた人物・・・どうなる??

    未然に事件を防げたと思ったら次から次へと。
    ケンヤや悟のお母さんなら何とかしてくれるはず、と信じたい。

  • やっぱりあいつか!!!!。

  • 第二の被害者になるはずだった女の子、そしてもう一人悟の同級生・宏美を犯人の手から守るべく頑張る悟。ケンヤは頼もしい相棒です! どう転がっていくかと緊張感が感じられる展開に目が離せない。今巻のラストにはやっぱりっていうのと、違って欲しかったていう気持ちが入り混じってるよ!? どうなるのー!

  • やはり。あの人が。

全80件中 1 - 10件を表示

プロフィール

北海道出身、千葉県在住。第40回「手塚賞」佳作。第41回「手塚賞」準入選。1995年「アフタヌーン四季賞 春のコンテスト」準入選。『僕だけがいない街』がベストセラーとなり、TVアニメ化、実写映画化。現在、『夢で見たあの子のために』を連載中。ほかの著書に『カミヤドリ』、『鬼燈の島』、『魍魎のゆりかご』など。

「2018年 『僕だけがいない街 Another Record』 で使われていた紹介文から引用しています。」

僕だけがいない街 (5) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

三部けいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

僕だけがいない街 (5) (カドカワコミックス・エース)に関連するまとめ

僕だけがいない街 (5) (カドカワコミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする