殉狂者 (下) (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
4.08
  • (4)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (592ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041017623

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もう、壮絶としか言い様のないラスト。きっと戦争とかテロとかってこういう悲惨な人生を次々生み出してるんだと思う。世界を変えることは悪いことではないと思うけど、その手段に暴力を使うことだけは絶対にいけない。

  • なかなか読み進まなかった、上巻から一転。アイトールの周りで次々に起こる事件と、両親の過去からあぶり出される登場人物の誰が信じられるかわからないという、スリルで一気に最後まで読み切った。

    最後は一般的な意味で、納得のいくエンディングかは別として、面白かった。

  • 馳星周のノワール小説。
    フランコ政権下のスペインを舞台にして、過去(1970年代)、現在(2005年)軸でバスク独立のテロ組織(ETA)に身を置く筋。
    主人公は日本人吉岡良輝、その息子のバスク人アイトールヨシオカが過去と現在のパラダイムシフトにおいてそれぞれの主役。

    吉岡は連合赤軍より、世界革命の連携目的で派遣された。アイトールはそのスペインで生まれた吉岡の遺児。
    ETAとは関係をもたずにそだったアイトールの周辺に過去の亡霊がつきまとい、また当時の吉岡とETAとしての活動にスコープして展開される筋。


    馳星周ぽいテンポの良さが健在。
    吉岡の革命への決意、父性の葛藤。
    1970.年代に何があったのか。

    不夜城などと違い決定的に主人公の孤独感が足りなかった気がする。
    暴力、展開、孤独を書くのがうまいと思っているので、そこは残念だった。

  • ETAに身を置き、テロリストとなった吉岡良輝と吉岡とマリアの息子アイトールの数奇な運命…テロリズムに人生を翻弄され、斃れていく人びと…

    1970年代を舞台にした吉岡良輝の物語と2005年を舞台にしたアイトールの物語が、同時に終わりを告げるとともに30年間の大きな謎が明らかになる。

    なかなか面白い構成であり、壮大なドラマを秘めたノワール小説である。読後は、遣る瀬無い思いと喪失感に包まれる。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1996年、『不夜城』でデビュー。これまでに吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞、大藪晴彦賞ほかを受賞。

殉狂者 (下) (角川文庫)のその他の作品

殉狂者 下 (角川文庫) Kindle版 殉狂者 下 (角川文庫) 馳星周

馳星周の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする