フィンランドのおじさんになる方法。

  • KADOKAWA/角川書店
3.33
  • (0)
  • (5)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041018316

作品紹介・あらすじ

それぞれの「大事なもの」を手に入れて、命をかけて、それを守りながら暮らしている愛すべきフィンランドのおじさんたち。不器用かもしれないけど、楽しく一所懸命生きる姿が、あなたのお手本になるかもしれません。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なかなか好きだった。いくつかの印象に残った側面。

    1)社会制度的なこと。
    フィンランドの木こりは皆、森林管理局の公務員だということ。
    また、あるいは会社員のパートタイム定年について・・・給与と仕事量が下がることでそれに応じ、年金がもらえる制度

    2)生き方について。
    スルッキさんのように、自分は何がしたいか自問し、地位ではなくDIYを選び取り、あるいはレオさんのように真摯でしなやかな生き方を選び取る人がいる。

    3)サウナの喜び。
    肉体が喜ぶような、解き放たれるようなスモークサウナが水曜はあるから、火曜が好きだという人がいる。
    (日本でのお風呂が、フィンランドのサウナ?)

  • ほぼ日のサイトで連載されていたころ読んでいました。
    日本とは風土やお国柄が違ってて、みなさんとても素敵に年齢を重ねられているおじさん(おじさまでなく、あくまでおじさんと言いたい)ばかり。
    …まぁ、そういうおじさんを見つけて取材してきているだろうから、全部が全部、こういった素敵な方ばかりじゃないのだろうけれど。

    書店で見かけたら、買ってしまいそう。
    あ、決して、おじさんになりたいわけではないです!

    ネットで読めるといえど、やはりページを繰る感触は、わたしにとっては必須。
    雪が降りそうなほど寒い冬の夜に、
    ミルクたっぷりのあたたかいコーヒーを淹れて、
    この本を読んだら。
    わたしもこの本に登場するおじさんたちのように、人生を楽しんで、穏やかにやさしく笑えるかな。

全2件中 1 - 2件を表示

フィンランドのおじさんになる方法。のその他の作品

森下圭子の作品

ツイートする