始動 警視庁東京五輪対策室 (角川文庫)

著者 : 末浦広海
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年7月25日発売)
3.29
  • (1)
  • (4)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • 28人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041018477

始動 警視庁東京五輪対策室 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • それぞれに特技を持つ若い警察官がチーム・トウキョウのメンバーとして集まり、特殊詐欺事件を解決する話だが、それぞれのメンバーをリクルートする祝の存在が面白い.この本がスタートで続編が出てくることを期待する.

  • 東京五輪対策室、シリーズ化されるんですよね?
    きっとどんどんチームワークも良くなり、
    実績を上げていくことでしょう。楽しみです。
    期待しちゃいます。

    実際、今後、軽微な違反から凶悪な犯罪まで
    色々起きるんでしょうねぇ・・・
    治安の悪化も心配です。
    警察官の数は足りてるんでしょうか?
    足りないようなら今のうちに警察官の数を
    増やした方が・・・(できることなら)
    ギリギリの人数で疲労困憊のまま任務に当たっても、
    ケガしたりミスしたり等、良い働きができないと
    思うのですが・・・。 

    とても頼りにしているので、警察内部の縦割りとか
    縄張りとか手柄がどうのこうのとか言わずに
    組織一丸となって協力体制でよろしくお願いします。

  • Tokyo 2020に向けて、犯罪対策チームが編成される。
    選抜されたメンバー5人は、警備部機動隊、生安などさまざまな部署からの個性的な面々。

    作品の半分以上を使って、メンバー一人一人の背景が紹介されている。
    シリーズものとして見据えているのだろうが、編成後のチームの活躍を中心に描いてほしかった。

  • you know「norakuro」? it's same, how to finish with each index. cng tky olmpc.

全4件中 1 - 4件を表示

始動 警視庁東京五輪対策室 (角川文庫)のその他の作品

末浦広海の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

始動 警視庁東京五輪対策室 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする