ブリジット・ジョーンズの日記 キレそうなわたしの12か月 (下) (角川文庫)

制作 : 亀井 よし子 
  • KADOKAWA/角川書店
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041018569

作品紹介・あらすじ

念願のボーイフレンドができ「もうこれで〈愛に見放された社会ののけ者〉じゃないことが証明された!」と喜んだブリジット。だが人生は思いのほか波瀾万丈で……。とびきりキュートなシングルトン小説の誕生

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 周回遅れで、ブリジットが可愛くなってきた。
    ここまでツイてなくて、いいかげんで、おバカさんだと、コメディの女王の称号がふさわしく思える。
    マークの白い部屋に、ひとりでうずくまるようなシーンがいい。
    でも、なによりうなってしまったのは、英王室の描写。完全に時事ネタなのだけど、当時のイギリスの騒ぎが追体験できて新鮮だった。チックリットは、時を置いて読み返すと、当時の人々の実態が透けてみえて興味深いね。

  • 段々、だんだんマークが柔らかい人間になっていく。
    まぁ、しかしブリジットはダメダメ感すごい。

全2件中 1 - 2件を表示

ブリジット・ジョーンズの日記 キレそうなわたしの12か月 (下) (角川文庫)のその他の作品

ヘレン・フィールディングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ブリジット・ジョーンズの日記 キレそうなわたしの12か月 (下) (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする