鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
4.03
  • (809)
  • (1050)
  • (531)
  • (68)
  • (22)
本棚登録 : 8798
感想 : 744
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (568ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041018880

作品紹介・あらすじ

強大な帝国から故郷を守るため、死兵となった戦士団<独角>。その頭であったヴァンは、岩塩鉱に囚われていた。ある夜、犬たちが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生する。 その隙に逃げ出したヴァンは幼い少女を拾うが!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 以前読んだ上橋菜穂子さんの『狐笛のかなた』が良かったので、気になっていた今作に挑戦中
    読めるかなあ。。。。:゚( •᷄ʚ •᷅ )゚:。
    私にとっては長いファンタジー
    おっと、また登場人物が増えた…
    ヴァンとホッサルが会う日が楽しみ

    • ハッピーアワーをキメたK村さん
      まきさん、ドボっとハマって(笑)と何とも心強いお言葉
      ありがたや〜ଘ(੭ˊ꒳​ˋ)੭✧
      まきさん、ドボっとハマって(笑)と何とも心強いお言葉
      ありがたや〜ଘ(੭ˊ꒳​ˋ)੭✧
      2024/05/19
    • 1Q84O1さん
      鹿の王大好き!
      獣の奏者大好き!
      守り人シリーズ大好き!
      結局は上橋作品大好き!w
      鹿の王大好き!
      獣の奏者大好き!
      守り人シリーズ大好き!
      結局は上橋作品大好き!w
      2024/05/19
    • ハッピーアワーをキメたK村さん
      1Qさんの本棚確認しました
      ほんとですね*Ꙩꙻ₀Ꙩꙻ)!
      上橋作品、大好き!って書いてありました
      1Qさんの本棚確認しました
      ほんとですね*Ꙩꙻ₀Ꙩꙻ)!
      上橋作品、大好き!って書いてありました
      2024/05/19
  • 年度末でなかなか忙しくて、読書の時間が取れず遅読に拍車がかかってしまった…。
    登場人物や地名を忘れて行きつ戻りつなんとか読み終えたが、やはり硬派なファンタジー小説で面白い。
    逃亡奴隷のヴァンと天才医術師のホッサルがどのように交わっていくのか下巻に期待。

  • 遂にきました!上橋菜穂子さんです

    もちろんファンタジーも大好きなわたくしですが
    なんとこの和製ファンタジーの巨星上橋菜穂子さんは読んだことなかったんですよね

    ただいつかは読まねばなるまいと思ってたんですよね!守り人シリーズ(おいっ)
    いやだって、守り人シリーズ長いじゃないかよ!(逆ギレ)
    もし読み始めてイマイチ肌に合わなかったら口惜しいので、評判のいいこちらで試し読みというか…

    で、読んでみて思ったのはやっぱり面白い、いや上巻はまだ面白そうって段階かも
    しかしこの主題に疫病を持ってくるのって凄いね
    あとしっかり世界ができあがってるのが見えて力のある作家さんだな〜と今更ながらこの巨匠にたいして失礼な感想を抱いたりしたのでした
    よしっ、下巻だ

    あ、あと和製ファンタジーのもう一人の巨星小野不由美さんの十二国記シリーズも未読なのよね
    こちらはもっと長い、トホホ

    ちなみに巨星すぎる栗本薫さんのグイン・サーガも未読なんですが、こたらは全く読む気しません
    だってウルトラ長い上に未完なんだもん!

    だって海外ファンタジーばっかり読んでたんだもん!(でもハリポタ未読w)

    • 土瓶さん
      スピード違反っす( ゚Д゚)
      スピード違反っす( ゚Д゚)
      2022/09/10
    • ひまわりめろんさん
      これだけは言わせてね
      一応ちゃんと日常生活送ってるからね
      今日もちゃんと庭の草取りやったからね!
      これだけは言わせてね
      一応ちゃんと日常生活送ってるからね
      今日もちゃんと庭の草取りやったからね!
      2022/09/10
    • 土瓶さん
      一応って……(笑)
      一応って……(笑)
      2022/09/10
  • 本屋大賞、受賞作読破の流れでチャレンジ。
    カタカナの名前に苦戦も、登場人物一覧に助けられながら後半へ。

    最後に何を教えてくれるのか、おとしどころが全く想像つかずです。

    ヴァンがスカッとさせてくれるかな?
    期待してますよー。

  • 読み方が独特過ぎて全く慣れないまま前半が終わった。

    特殊な読み方には頻繁にルビを振ってくれているのでなんとかついていけた感じ。

    現状どういう終わり方をするのか全く予想できないのだけれどもヴァンとホッサルはいつ出会うのかしら?

  • 上橋菜穂子さんが作る世界は奥行きがあり色鮮やかなので没入感が高いと思います。引き込まれました。

  • 最高の上橋菜穂子ワールド。
    練り上げられた世界が
    精密に構築されていて、
    読んでいてため息が出ます。
    多様な人々の文化を描くときに
    食事の場面と、食べ物の名前を丁寧に
    書いてくれているところが
    活き活きした情景になっているんだと
    思います。
    大好きな作品です。

  • コロナ禍の今読むにはタイムリーな内容。多数の死者を出す謎の疫病が流行、ただ何故か死ぬのは宗主国の人間のみ。病を武器として使う可能性を探るストーリーに、新型コロナウイルスの場合は果たしてどうなんだろうか…と思いが巡りました。

    幸運にも国難にあまり縁が無い日本に産まれたため、国を新たに支配する・支配される経験が全く無いですが、国の都合で平民の人生が無情に変えられることが、現実にも起きているのではないかと思いました。支配国の都合で植民地に送り込まれる人々等、地図上の駒としか見られていない現実があるのではと。

    もっと世界を実際に見て、世界の仕組み・現実を知りたいと思いました。旅に出たい。

  • 2020(R2)1/23-2/1

    なんて要約すればいいんだろう。
    なんて形容すればいいんだろう。

    「上」を読み終えた今、兎に角すぐに「下」を読み始めます。

  • 「おれは長年、病んだ人を診てきたんだがよ、だんだん、人の身体ってのは森みたいなもんだと思うようになった」
    上巻で最も印象に残ったのは、この一言。
    この前後に語られる言葉が一番腑に落ちたように思う。

    この物語の世界には全く異なる考えを基礎とする二種の医術が存在する。
    それはその医術が生まれた国の宗教や文化をも反映していて、どちらの考えが正しいなんてことを語るのはとても難しい。
    清心教医術の教えで救われる心もきっとあると思う。
    でも医術として(人の病を治癒する術として)優れているのは、(宗教による)禁忌を犯すことを恐れずに命の秘密に迫っていくオタワル医術なのだろうと思う。

    人間は命を脅かす病を克服するために治療法や薬を開発していくけれど、世界には次から次へと新たな病が誕生していく。
    既知の病だって発病するリスクを下げるよう心がけることしか出来なかったりする。
    確実な回避策はない。
    ひどく恐ろしいことだ。

    薬を飲むことによる副作用や、手術による身体への負荷のことを思うと、自然に治る症状でも薬を処方するような医療への疑問を感じることもある。
    医師の診断も100%信頼することが出来るかと言えばそれは難しい。

    もし重病になったらどうする?
    そんな不安を抱えながらも、そんなことは起こり得ないという顔をして日々を過ごしている。
    けれど、それは起こり得るのだ。実際に。

    この物語を読んでいて考えさせられるのは、発病した時の対処法ではなく、医療というものへの接し方だ。
    恐ろしい病が登場するのだけど、その病の治療法が見つかればめでたしめでたしになるような話ではないと感じる。
    病に対してどう向き合うか。
    命についてどう考えていくか。
    寿命をどうとらえるか。
    適切な言葉が見つからないけれど、そういうもっと根源的なことを問いかけられているように思う。
    そしてそこに正解はないのかもしれないと思う。

    「ふだんは見るこたぁできねぇが、おれたちの中には無数の小さな命が暮らしてるんだ」
    「でもよ、後から入って来るやつらもいて、そいつらが、木を食う虫みてぇに身体の内側で悪さをすると、人は病むんじゃねぇかと思ってるんだ」

    私の身体は一つの命ではないという考え方にすんなり納得出来る。
    身体と心は別物という言葉にも納得出来る。
    この世界の人を脅かす病の物語が下巻でどんな結末をむかえるのかまだ分からないけど、命についての真実に誘ってくれるんじゃないかと期待してしまう。

全744件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家、川村学園女子大学特任教授。1989年『精霊の木』でデビュー。著書に野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞した『精霊の守り人』をはじめとする「守り人」シリーズ、野間児童文芸賞を受賞した『狐笛のかなた』、「獣の奏者」シリーズなどがある。海外での評価も高く、2009年に英語版『精霊の守り人』で米国バチェルダー賞を受賞。14年には「小さなノーベル賞」ともいわれる国際アンデルセン賞〈作家賞〉を受賞。2015年『鹿の王』で本屋大賞、第四回日本医療小説大賞を受賞。

「2020年 『鹿の王 4』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上橋菜穂子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
宮部みゆき
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
梨木 香歩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×