宇宙戦艦ヤマト2199 (5) (カドカワコミックス・エース)

  • 67人登録
  • 4.06評価
    • (5)
    • (7)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 西崎 義展  結城 信輝  宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年7月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (161ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041018996

宇宙戦艦ヤマト2199 (5) (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  静かに進むが、密度は濃い。どうにも尺が足りなく、各回の脚本担当の思いの強すぎるTV版(悪い意味ではない。むしろ、与えられたフォーマットでのオレのヤマトを描こうとしている気持ちを感じるので)よりも、尺をコントロールしやすい著者は「人間」を見せる。山本玲とその兄明生の関係、玲の感情(恋と恨)と、これを知る加藤、古代の思いや自らの感情、島と古代に流れる友情と使命を巡る対立、雪のジェラシー。多くのものが輻輳的に内在している本コミカライズは、著者自身のヤマト観(個人的に好ましいスタンス)も出て、良である。
     TV版13話あたりまで。すなわち、ヤマトは銀河系辺境空間を外宇宙に向かって航行しているところ。なお、オルタ回の伏線も示唆されており、著者も描くようだ(ビーメラ4ででもするのかな)。

  • すごい丁寧だなー
    ゲールはほんとくそやろうだな

全2件中 1 - 2件を表示

宇宙戦艦ヤマト2199 (5) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

むらかわみちおの作品

宇宙戦艦ヤマト2199 (5) (カドカワコミックス・エース)はこんなマンガです

ツイートする