年間2万人が訪れるER(救急)医が教える医者でも間違える病気・ケガ・薬の新常識

著者 : 林寛之
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年10月1日発売)
4.08
  • (4)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041019207

年間2万人が訪れるER(救急)医が教える医者でも間違える病気・ケガ・薬の新常識の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  少し変わったところのある先生だが書かれている内容はとても分かりやすく参考になる。若干飛び出ているのが玉にきずだけど・・・

  • 各テーマが数ページで簡潔にまとめられていて、病気、ケガ、薬について何に気をつけたらいいのかを分かりやすく伝えてくれる良書だと感じました。

    日々遭遇するワンシーンで気をつけなければいけないこと、やっていいこといけないことなどがテンポよく述べられているので、負担なく読み進められます。

    ただし、タイトルは少々ズレの印象を抱きました。個人的には「なるほど!病気、ケガ、薬の新常識」といった感じでしょうか、かなり患者側、非医療者側にスポットした内容だったと思います。医師が普段感じる診断の難しさなどにも触れられますし、そういう点では患者としての「視野が広がる」一冊だったと思います。

    また、読んだまさにその日から気をつけられるポイントも多くあり、患者としてもっと積極的に医療に関わりたい方、将来の医療従事者として医療を学びたい方などにもピッタリの内容だと思います。

  • 平易な言葉でさまざまな症状での適切な対処方法を教えてくれます。最後のよい医者の見分け方はとても参考になりました。

  • 救急名人が放つ、一般人向け解説書。見逃してはならないサインなどが、平易な言葉で分かりやすく説明されている。医者のかかり方についても触れられていて、概ね親切な手引書だと思いました。

全5件中 1 - 5件を表示

年間2万人が訪れるER(救急)医が教える医者でも間違える病気・ケガ・薬の新常識のその他の作品

林寛之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

年間2万人が訪れるER(救急)医が教える医者でも間違える病気・ケガ・薬の新常識はこんな本です

ツイートする