スタープレイヤー (単行本)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.58
  • (45)
  • (125)
  • (117)
  • (23)
  • (5)
本棚登録 : 753
レビュー : 155
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041019245

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 異世界の在りようがくだらなすぎる。
    現実離れしているにも関わらず、ファンタジーにも徹しきれていない。出来の悪いRPGのようだ。
    会話が下手なのはいつものこととして、案内人のくだけた口調もまた気に入らない。

    恒川さんは「指輪物語」ではなく、「遠野物語」的な世界観の中でこそ力を発揮できると思うのだがなぁ。

  • これは…最初は面白かったんだけど、ネットゲームの世界に入ったような訳のわからない戦いが始まった時点で相当萎えました。世界観がよく分からずもう斜め読み。ごめんなさい。

  •  ちょっと期待外れでした。もっとゲーム性のある話かと思ったら、新しい世界で生き直すみたいな話で、勢力争いとかも絡んだりして、まったく興味なし。
     清らな流れの中の美しいファンタジーを期待していたのに。

著者プロフィール

1973年東京都生まれ。2005年、『夜市』で日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。同作で直木賞候補に。14年、『金色機械』で日本推理作家協会賞を受賞。著書に『雷の季節の終わりに』『秋の牢獄』『南の子供が夜いくところ』『竜が最後に帰る場所』『金色の獣、彼方へ』『南の子供が夜いくところ 』『スタープレイヤー』『ヘヴンメイカー』などがある。

「2018年 『滅びの園』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スタープレイヤー (単行本)のその他の作品

恒川光太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする