罪人の嘘 (角川文庫)

  • KADOKAWA/角川書店 (2014年7月25日発売)
3.55
  • (3)
  • (7)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :70
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041019542

作品紹介・あらすじ

大企業の訴訟問題や有名事件を担当し、途方もない年収を稼ぎ出す高級弁護士・笠原卓也。完全に黒だと思われた連続強姦殺人事件の被告を逆転無罪に持ち込みマスコミを騒然とさせる。無実と無罪の狭間を突く笠原のその手法に目をとめたのは日本を代表する企業グループ会長・羽根田健三。野望が権力と出会うとき、運命の歯車が動き始める-。秘められた過去を持つ弁護士の栄光と闇を描く、息詰まる本格リーガルサスペンス!

罪人の嘘 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 金子ありさ・瀬々敬久『罪人の嘘』角川文庫。

    ありがちな法廷ミステリーなのだが、それなりに楽しめた。今年最後の読了作品。

    有名事件を担当し、高級弁護士・笠原卓也さ、完全に黒だと思われた連続強姦殺人事件の被告を逆転無罪に持ち込みマスコミを騒然とさせるが…

  • 笠原はなぜ憎むべき職の弁護士の道を選んだのか。
    勝訴を勝ち取るためには手段を選ばない冷血な人間になったのはやはり育った環境の成果と安易に解釈していたのが、ストーリー展開の秀逸さにもっと深い笠原の心の闇が明かされていき、ぐんぐん引き込まれる。
    孤独だと思っていた自分を愛してくれていた人達の存在も知らされることになる。
    先にドラマで見たのだが伊藤英明が正にはまり役で久しぶりに心を揺さぶられる作品に出逢えた気がした。

  • 予想外に読みごたえのある話。

  • 施設で育った1人の男と2人の兄妹。男は弁護士、兄妹の兄はチンピラ、妹は看護師。弁護士はどんな裁判も無罪にしてしまう。

全4件中 1 - 4件を表示

罪人の嘘 (角川文庫)のその他の作品

罪人の嘘 (角川文庫) Kindle版 罪人の嘘 (角川文庫) 金子ありさ

金子ありさの作品

罪人の嘘 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする