翼に息吹を (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.28
  • (1)
  • (5)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041019559

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • P329

  • 終戦間際の知覧特攻基地で、特攻隊員の戦闘機の整備を行う整備兵の物語。

    やるせなさと勇気を感じるも…

    熊谷達也の作品としてはハズレか。

  • 特攻機の整備をする整備兵の心の葛藤を描いたちょっと重い小説。自分が機体の整備を万全に行うと若い特攻兵を死に導き、整備不良があればそれは無駄な死になる。
    戦争も終わりに近づき、自分の行いが正しかったのか、間違ってたのかを未来の人に託すために、特攻で出撃して行った人と機体の詳しい記録を残そうとする。
    答えは無い、自分のしたことを説明すれば、それは全て言い訳となってしまうからだ。どうする事も出来ない。ただそれを背負って生きて行くだけなんだ。

  • 熊谷さんは私にとって当たり外れの多い作家さんなのですが、これは当たりでした。
    大戦末期の知覧を描いた作品。そう、特攻隊です。
    ただ特攻隊員では無く整備士を主人公に置いたところが目新しく。
    特攻隊員のために昼夜を忘れて修理・整備を行う一方で、それが結局は多くの若者を死地に送り込むことに矛盾を感じて行く主人公。その周りに次々に現れる様々なタイプの特攻隊員たち。
    特攻隊員の心情を描くのは、どうしても無理がある感じがするのですが、それを送り出す整備士ならば忖度できるような気がします。それが、この作品がリアリティを感じさせるところかもしれません。
    ISの自爆テロという狂気の沙汰を不思議な気持ちでニュースで見る昨今ですが、特攻も同じようなものです。そのした狂気が70年前の日本でも起きていた事を不思議に思います。
    熊谷さんというと私の頭には「邂逅の森」などの動物ものが浮かぶのですが、この作品も読み応えがあり、どこかノンフィクション的な感じのする熊谷作品が私の好みなのかもしれません。

  • 記録

  • 実際に戦地に向かうわけではない整備兵の、
    心の葛藤が痛いほどで、
    辛くて、悲しくて、苦しいくらいだった。
    でも、実際はこんなもんじゃなかっただろう、きっと。
    教科書で習うだけの、有名な歴史や史実だけじゃなくて、
    こういうことがあった、
    こういう人がいたってことを、
    忘れてはいけないと思うし、
    だからこそ、少しでも知りたいと思う。

  •  特攻隊の物語なのに,いや特攻隊のものだからこそ,特攻機の整備員が主人公。

     「私にはこの戦争を語る資格はない。若い命を自らの手で死地に送り続けた私が何かを,語ればそれは自分に対する弁明にしかならない」。主人公がラストに語る言葉。これは重い。

     

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

熊谷 達也(くまがい たつや)
1958年仙台市生まれ。東京電機大学理工学部卒業。中学校教諭、保険代理店業を経て、'97年「ウエンカムイの爪」で小説すばる新人賞を受賞。2000年には『漂泊の牙』で新田次郎賞を、'04年『邂逅の森』で山本周五郎賞に続き直木賞も受賞。同一作品での両賞同時受賞は史上初の快挙。近年は宮城県気仙沼市がモデルの三陸の架空の町を舞台とする「仙河海サーガ」を書き続けており、同シリーズには『リアスの子』『微睡みの海』『ティーンズ・エッジ・ロックンロール』『潮の音、空の青、海の詩』『希望の海 仙河海叙景』がある。

翼に息吹を (角川文庫)のその他の作品

翼に息吹を (角川文庫) Kindle版 翼に息吹を (角川文庫) 熊谷達也

熊谷達也の作品

ツイートする