落花流水 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.28
  • (1)
  • (6)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041019566

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 血は争えないというお話なのだろうか。
    途中までは展開が読めずにハラハラドキドキしていたが

    家庭や夫、子どもを顧みずに家を飛び出してしまう母そして娘。本人たちに罪悪感がなくて奔放すぎる姿にあきれてしまった。最後もグタグタのまま終わって。

    残された人たちが悲しすぎて
    辛すぎて。理不尽さが頭の中でずっと渦巻いていたお話だった。

  • 集英社文庫からの焼き直し。既読にもかかわらず買ってしまう。3世代の女性たちを10年ごとに描いた60年間の物語で、書かれたのは99年なんだけど、2007年、2017年、2027年が出てきます。現実との差異を楽しみながら読むかんじ。

  • 2015 4/2

  • 一家を60年に渡って書いた小説。
    結婚と離婚を繰り返す女性たちがメイン。
    文緒さんにしてははっとするばめんが少なかった印象。

  • 【落花流水】〔落花には流水に従って流れたい気持ちがあり,流水には落花を浮かべて流れたい気持ちがある意〕; 男女が互いに慕い合うことのたとえ。

    お風呂場で一気読み。女性強し。登場人物の誰にも共感できないが、引き込まれてしまう。行動にはそれを裏付ける背景があるかもしれないけれど、誰もがわかる理由なんてないのだろう。自分さえも理由なんてわからない。

  • 1人の女性を取り巻く人たちの60年間のストーリー。
    グイグイ引き込まれるのは山本文緒さんらしい。
    そして何かある女性の心理を描くのが上手い。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

1962年11月13日横浜生まれ。 神奈川大学卒業後、OL生活を経て、87年「プレミアム・プールの日々」でコバルト・ノベル大賞、佳作受賞。 99年「恋愛中毒」で第20回吉川英治文学新人賞、 2001年「プラナリア」で第124回直木賞受賞。

落花流水 (角川文庫)のその他の作品

落花流水 (角川文庫) Kindle版 落花流水 (角川文庫) 山本文緒

山本文緒の作品

ツイートする