失踪 (角川文庫)

制作 : 中山 宥 
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年12月25日発売)
3.44
  • (0)
  • (12)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :84
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (437ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041019597

作品紹介

平穏な町で起きた5歳の少女の失踪事件。3週間が経ち、誰もがその生還を絶望視する中、第二の事件が起きた。事件を担当する刑事デックはすべてをなげうち、 わずかな手がかりを元に少女の行方を追う――。

失踪 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ☆☆☆☆

  • 少女誘拐事件の担当刑事が、やがては職を辞してまでも少女の行方を追う、ただそれだけの話。
    序盤はリアルな警察捜査が展開され、やがては独りで全米を情報を求めてさまよう主人公の姿がロードムービー調で描かれ、中盤での一つの手がかりをきっかけに、N.Y.しかもファッション業界が背景になり物語のトーンが突然変わる。さまざまな組織や団体の思惑が絡まって…。
    この様に物語のトーンは大きく変わって行くが、”孤高の探偵一人街を行く”トーンの物語が全編を貫いていてオーソドックスな探偵ものに仕上がっている。
    どこか主人公デッカーは、パーカーなどとダブるところがあるが、ウィンズロウ描くこちらの方が魅力的。
    登場人物もしっかり描かれているし、ラストでは物語が盛り上がり落としどころも良い。ちょっと切なさもある読後感も文句なしで、ウィンズロウとしては小粒ながらもキッチリ楽しめる一作だった。他のウィンズロウ作品のような派手さは無いが、相変わらず絵面的にも映画化に向いている。

  • どうにも仕事を辞めてまで捜索し続ける必然性がわからない。モデルの家に入り込んで捜索をするというのも根拠もなくご都合主義としかおもえなかった。

  •  さて、異例の『報復』と同時発行、しかもUS本国での出版をさておいてドイツと日本で先行発売という作品のこちらは片割れだ。『報復』が、『犬の力』に似た活劇用のリズミカル文体で綴られた戦闘アクション復讐劇という大スケール作品であったのに比して、こちらはハードボイルドの一人称形式によってどちらかと言えば地道に描かれた失踪人捜査のドラマ。

     通常の警察小説と異なるのは何よりも主人公だろう。失踪事件が起こったネブラスカ州警察署のフランク・デッカーの異常なまでの責任感と捜査への執念が何よりも、他の類似小説群の追随を許さない。何しろ警察が匙を投げかけたと見るや、警察を辞職しこの失踪人捜しにかかりに切りになる。未練が残りつつも、妻との生活にも終止符を打つ。全米を旧式の自家用車で手がかりを求めて放浪する生活、という設定には狂気の片鱗すら感じる人もいるかもしれないが、この辺りはさらりとスピードアップする。

     しかし手がかりの一端に辿り着くや否や、フランク・デッカーの人生は、新たなステップを踏み始め、バックミュージックがさらにヘビーなものに変わる。生死すらわからない5歳の女の子の行方を追い求め、セレブの世界や地元警察、地元マフィアのファミリーにまで手荒い仕掛けを実行する。代償として食らうパンチの痛みは、捜査への手ごたえとしてデッカーをむしろほくそ笑ませる。

     『報復』でも見られた主人公の怒りが復讐の力となり、田舎くさいかもしれないヒューマニズムの真摯さが金やプライドの混在するニューヨークの闇を引っ掻きまわす。純朴な男の滑稽なまでの一途さと直進性が小気味よく悪党どもを破壊して突き進む。二冊同時刊行された作品のどちらにも通ずる怒りと正義のヒーロー像。元海兵隊という戦場での過去を持つ点も共通項。どちらも全く別の題材、別の世界を描いた小説ながら、どこかで二卵性双生児のように類似したものを内包しつつ、ドイツと日本で同時翻訳され、愛読者の手元に渡されている。まだ本書を手にすることのできないUS本国のファンがつくづく気の毒に感じられてならない。

  • 先に「報復」を読んじゃったので、あら、こっちはテンション低めなのね、あんまりウィンズロウっぽくないなあなどと、中盤まではどうにももどかしい感じであった。さすがに終盤の緊迫した展開は一気に読ませる迫力があるけれど、やっぱり「これぞウィンズロウ!」という作品ではないように思う。

    いやもちろん、期待値が非常に高いからこその不満であるのは間違いなく、これが知らない作家が書いたものであれば、絶賛していたかもしれない。ただ、どうしても納得しかねるのが、主人公のデッカーが警察を辞めてまで誘拐事件を追いかけようとする動機が、今ひとつ腑に落ちないこと。妻との関係も、わかったようなわからないような…。これ、もしかしてシリーズものになるのかな。

    それと、解説を読んで驚いたのは、ウインズロウの本国アメリカでの人気は、日本やドイツほどではないとあったこと。えー、どうして?

  • 文章が平坦で導入でだれる。まとめに入るとスピード上がってくるけど、冒頭のかったるさがウィンズロウらしくなくて読んでて疲れた。ちゃんとひねりもあって面白いんだけど。

  • 消えた少女のために全てを捨ててアメリカ中を訪ね歩くというストーリーは、警察小説というよりハードボイルドに近い。ただ、なぜそこまでして捜索を続けるのかという取っ掛かり部分の心理描写が弱かったのか、あれよあれよという間に進んで若干混乱する序盤ではあった。

    手掛かりを追って辿り着いた先はニューヨーク。この大都市に入ってから物語は大きく動き出す。華やかな世界に生きる人間の表の顔と裏の顔。ウィンズロウの「怒り」が主人公を通して伝わってくるシーンは読み応えあり。さらりと読み手の心に響かせる手腕って相変わらず巧いよね。そして、残酷で冷静な決着のつけ方も好き。ラスト一行の余韻が心地良い。

    東江さんの訳はもう読めないけど、違和感なくフツーに面白かったです。感謝。

  • 2冊同時刊行の2冊目は「失踪」。職を辞してまで少女の連続失踪事件を追いかる孤高の刑事フランク・デッカー。これまたド直球のハードボイルド小説に仕上がっています。どうしちゃったんだドン・ウィンズロウ。今までは「紳士の盟約」など探偵ブーン・ダニエルズシリーズにしても、サーファー仲間の絆みたいな、キャラクターのユニークさや多彩さが、魅力的なサブストーリーを作っていたのだけれども、今回はなんか彼らしくなく、絵に描いたようなはぐれ刑事。その辺はちょっと物足りないけれども、スリリングなストーリーと乾いた文体は健在です。時間を忘れて一気に読んでしまいます。そういえば東海岸を舞台にするのはひさしぶりですね。

  • ド派手な『報復』を先に読んだせいか、ちょっと薄い印象になってしまった。

    「あきらめない」は強い。

  • 千街晶之の解説によれば、2014年にドイツで翻訳が出ており、アメリカ本国では未刊の作品ということらしい。

    ストーリーはアメリカ中西部の町で失踪した5歳の少女ヘイリーをネブラスカ州警察の刑事フランク・デッカーが職を辞してまで、文字通り執念で捜索するというものだ。無論、ヘイリーを誘拐した犯人が存在する訳で、デッカーは僅かな手掛かりから少しずつ犯人に近付き、時には危険に遭遇する。ストーリーは単純なのだが、アメリカが抱える病いを下地にした驚愕の展開が待ち受けており、非常にサスペンスフルな作品に仕上がっている。

    同時刊行された『報復』よりは面白い作品ではあるが、『犬の力』『フランキーマシンの冬』『夜明けのパトロール』といった近年の傑作よりは劣る。しかし、決してつまらない作品ではなく、一定水準に達しており、これはウィンズロウに高い期待をしているせいかも知れない。

    本の帯によると、2016年春には『犬の力』の続編、『カルテル』が刊行されるようだ。非常に楽しみである。

全13件中 1 - 10件を表示

失踪 (角川文庫)のその他の作品

失踪 (角川文庫) Kindle版 失踪 (角川文庫) ドン・ウィンズロウ

ドン・ウィンズロウの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドン・ウィンズロ...
米澤 穂信
ドン ウィンズロ...
ドン・ウィンズロ...
ドン・ウィンズロ...
ジェイムズ・P・...
アンディ・ウィア...
ドン・ウィンズロ...
ドン・ウィンズロ...
高野 和明
ジェフリー ディ...
トム・ロブ スミ...
トム・ロブ スミ...
有効な右矢印 無効な右矢印

失踪 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする