バチカン奇跡調査官月を呑む氷狼 (角川ホラー文庫)

著者 : 藤木稟
制作 : THORES柴本 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年9月25日発売)
3.62
  • (16)
  • (75)
  • (65)
  • (5)
  • (1)
  • 本棚登録 :552
  • レビュー :62
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041019696

バチカン奇跡調査官月を呑む氷狼 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 北欧神話はかなり好きなので、楽しく読めた。
    ただ、最後、キリスト教に関する重要なアイテムを発見→それを敵に横取りされてしまう というパターンは前にも見たきがするんだが……。

  • 博士がローレンを恨む理由は最もだなぁ。。
    というのが一番の感想。

    超常現象と思われた事件の裏側には個人でなく、ある組織の介入もあって。。。

    バチカンという組織は色々な会派があり、逆に脆弱な印象が少しずつ植えつけられていたけれど
    今回のラストで
    黒幕に対し対策もせず、この2人でのみ挑むという形式でしか
    今は何も出来ないのかなぁ、と。。。

    この2人は毎回無事だけれど、他の事件の神父のようにいつなってもおかしくないよなぁ、と。。。

    それだけこの2人はずば抜けた才能を持っている証拠になるのかもしれないが
    大きな組織相手に立ち向かう事件で
    毎回無事な事にちょっと違和感を感じ始める。。。

  • ついに女の捜査官が!と思ったらよく読んだら男だった。男にミシェルなんてあだ名つけるかな?ついに美女のレギュラーキャラが!と思ったら彼女の相棒のビルは彼女が裸で乗っかってきてAV女優みたいなことをしてもボケッとしてるという…。汚れなき神父達を危険に巻き込むことはできないと思って自分の現状をウオーカー博士に相談するビルにイラっときた。それって遠回しにウォーカー博士なら危険に巻き込んでも良いって言ってるようなものだよね?ビルの無神論者差別は筋金入りだなあ…。前回視覚と聴覚を失った中年女性のお見舞いに通っていた時も思ったのだが、ロベルトにはマザコンの気がある様な気がする。脳手術博士の事が言ってることは正しいのにやたらムカついたので、なぜなんだと考えてみたら、まだあいつはあんなに偉そうな態度を取るべきじゃないのだということに気がついた。前人未到の手術を「成功した」と言って良いのは、手術した患者が一生何事もなく過ごせたことを見届けてから言うべきなんだよ本当は。

  • 買ってから随分経ちましたが、ようやく読み終えました。

    巻を重ねるごとに、BL的な雰囲気が濃くなってきますが、著者の意図なのでしょう。

    内容は、いつにもまして、科学と古代文明が混在していて、読み応えありますが、正しいかどうかは確認が取れません。笑

    できれば参考文献を入れて欲しいところです。

  • 2017.10.8

    ローレンはいつ戻ってくるのでしょう

  • 第8弾
    プロローグ ニーベルングの指輪(春の凍死体)
    第一章 聖杯と騎士の謎
    第二章 霜の巨人の町で
    第三章 氷狼と炎狼
    第四章 死の呪い(巫女と研究所)
    第五章 愛する友よ(無限大の方程式)
    第六章 闇の中の閃き
    エピローグ リベロ(解放)

  • バチカン奇跡調査官シリーズ第8弾。
    第6弾のデンバーでのゴーストハウスの調査で、
    信じていた全てが崩壊してしまったFBI捜査官のビル。
    そしてその後のビルの意外な展開。
    今回はビルの個人的な依頼に二人が協力する形での調査。
    北欧神話ネタが満載で、叙事詩が多いのにはゲンナリだけど
    平賀の科学的な調査に合わせて蘊蓄満載。
    シン博士がローレンを追いかける理由もわかったし
    色々と複雑な心境になったけど、神出鬼没なアイツの
    極悪非道っぷりにマジでむかつく!!
    さぁ~続きを読みますよ。

  • バチカン奇跡調査官8作目。
    今回はいつもの蘊蓄合戦がなかったので読みやすかった。北欧神話は聞いたことある名前が沢山出てくるので面白い。チャンドラ・シン博士の人となりも分かり、好感が持てるようになりました。ちょっとローレンはおいたがすぎますな…。「ラプラスの悪魔」の内容をうろ覚えなので、ハリソン・オンサーガって誰だったっけ…となってしまった残念脳。
    余談ですが、これの前に読んでいた本が世界の不味い食べ物を紹介する本で、まさかのシュール・ストレミング繋がりにふいた。

  • 登録忘れててもう覚えてない…orz

  • 図書館で借りた本。
    今回の調査は、ノルウェーの田舎の町はずれの一軒家で、この家の主が部屋の中で凍死していた事件。これは、北欧に伝わる氷の狼の仕業なのか?調査の途中で出会った、ジュリア司祭によく似た人物の謎、天才ハッカーローレンの代わりに平賀を手伝ってくれるシン博士の過去にもつながる謎。話がどんどん複雑になっていく。ついていけるのか心配になってきた。

全62件中 1 - 10件を表示

バチカン奇跡調査官月を呑む氷狼 (角川ホラー文庫)のその他の作品

藤木稟の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

バチカン奇跡調査官月を呑む氷狼 (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする