土方歳三 (下)

  • 141人登録
  • 3.42評価
    • (5)
    • (14)
    • (32)
    • (2)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 富樫倫太郎
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041019849

作品紹介

新選組の副長として恐るべき統率力を発揮した歳三だったが、新選組はやがて新時代の大きなうねりに飲み込まれていく。かつての仲間との別れ、戦いに次ぐ戦い、壮絶な最期。土方歳三の生き様を見事に書ききった下巻。

土方歳三 (下)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前半よりは面白い。土方さんは新選組の副長である時よりも函館時代の方が生き生きしていて、人間らしくて好きだな。儚い人生に涙したけど、長生きするよりも、仲間と共にこの世を去れた方が幸せなのかもしれないとふと思った。

  • 新選組の副長として恐るべき統率力を発揮した歳三だったが、新選組はやがて新時代の大きなうねりに飲み込まれていく。かつての仲間との別れ、戦いに次ぐ戦い、壮絶な最期。土方歳三の生き様を見事に書ききった下巻。

  • 京都・壬生寺で壬生狂言を見たり、三条の池田屋跡に行ったことがあったけれど、当時は新撰組の歴史とか微塵も知らなくて「ふーん」程度であった。

    新政府軍と旧幕府軍、当時どちらに正義があったかわからないが、土方歳三の生き様は素晴らしいと感じた。

  • 土方さんが最期に、試衛館の面々を思い出しながら逝く場面は胸がいっぱいになりました。
    激動の時代を駆け抜けた彼ですが、やはり試衛館時代というのは、かけがえのない宝だったのだなぁと。

  • 新撰組・土方歳三の生涯記。上下巻。

    上下巻の割にはサラサラッと駆け抜け過ぎかなぁと思ってしまった。函館戦争あたりの土方は同著者の他の作品でも読んだことがあるけど、土方がカッコいい!と思ったのは、この作品でも結局、最終章のその部分だけだった。他のところでは、元々運が無いというか、ココというところで近藤らに一歩譲ってしまったりとかでヤキモキする場面が多かった。まぁ、そこが土方の人間的でいいところでもあるんだけど。
    他の時代モノではスカッとする場面も多い富樫作品なのだけれど、今作はそれがあまりない印象で終わったかな。

  • 下巻。
    榎本や人見に近藤・沖田の影を見ている土方が切なかった。やっぱり土方歳三の生涯 後半は物悲しさがある。

  • 「土方歳三」富樫倫太郎◆創作の部分も多そうですがオリジナリティがあって、よく見るエピソードを繋ぎ合わせただけにはなっていません。蝦夷で性格が変わったとする説もありますが、この土方は変わらない。周りが変わりゆくのを、諦めと淋しさを持ちつつ見ていたようです。この土方の描き方は好き。

  • 上巻を読んで「どうも淡々として土方歳三に感情移入しづらい」と思った。 新選組に追い風が吹いている時はおとなしかった土方。それが下巻で逆風が吹き始めると突然、生き生きとしてくるのだ。やっと土方に魂が入ったという感じを受ける。試衛館時代からの仲間との別れに涙し、愛した女性との別れにまで涙を流し感情表現まで豊かになる。本当に土方歳三という男は戦うことが好きだったのだろう。敗戦に敗戦を重ね、北の地まで到達しても、土方歳三は諦めない。後ろは振り返らない。やはり魅力的な男だ。下巻も読んでおいてよかった。

  • 新選組の絶頂期を迎えた池田屋事件後から新選組は斜陽の一途を辿る。300年続いた幕藩体制が音を立てて瓦解する、そのあまりの速さに皆翻弄される。幕府の盾となり時流に抗おうとするも、その流れの大きさに押し潰される。変わりゆく者、変わらない者、土方は新選組という集団になにを託したのか。

  • 下巻は池田屋事件後から函館箱館戦争での最期まで。
    当時の政治思想と世の動きをざっと掴みながら楽しむのに向いている作品。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/14765918.html

全24件中 1 - 10件を表示

富樫倫太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

土方歳三 (下)を本棚に登録しているひと

ツイートする