誘神

著者 : 川崎草志
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年4月25日発売)
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • 20人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041019856

作品紹介

死者の魂を送る「ツゲサン」を継いだ柊一。京都の大学生、沙織。凶悪事件の容疑者として警察につきまとわれる誠。三人の人生に東南アジアで発生した脅威の感染症が影を投げ、そして異界の扉が開くときが訪れる。

誘神の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あっけないと感じるほど、あっさりとした終わり方だった。
    ある人物の動向に含みを持たせていることを考えると、その人物を中心とした続編があるのかもしれない。
    伝奇的要素もあり、安曇が唱える「人類滅亡説」も面白かった。
    ただ読みごたえがあるかというと、突き詰めていない分だけ物足りなさが残るかもしれない。

  •  この話をまだ引っ張るのか。前作のカビもそうですが、このウイルスも必要ですか?もやもやします。
     いっその事、新人類対土着の伝承の対決のみにしたらいいのに。
     この作者、作品の雰囲気はすごくいいんですよね。もったいない。

  • 4月-3。2.5点。
    東南アジアで、謎の病気が発生。
    日本の片田舎でも、同じ病気なのか。
    その村では、「ツゲサン」という、死者送りの風習が。
    病気とツゲサンの関わりは。

    うーん、わからないことだらけで終わった感。
    もう少しはっきり解決して欲しかった。
    前作(疫神)との繋がりもはっきりしなかったと思う。
    独立作なのかな。

  • 死者の魂を送る「ツゲサン」を継いだ柊一。京都の大学生、沙織。凶悪事件の容疑者として警察につきまとわれる誠。三人の人生に東南アジアで発生した脅威の感染症が影を投げ、そして異界の扉が開くときが訪れる。

  • 過去、現在、未来、ずっと繋がっている。

全5件中 1 - 5件を表示

誘神のその他の作品

誘神 (角川文庫) 文庫 誘神 (角川文庫) 川崎草志
誘神 (角川文庫) Kindle版 誘神 (角川文庫) 川崎草志

川崎草志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

誘神はこんな本です

ツイートする