みだれ髪―附=みだれ髪拾遺 (角川文庫クラシックス)

著者 : 与謝野晶子
  • 角川書店 (1995年4月発売)
3.33
  • (2)
  • (1)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :35
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041020104

みだれ髪―附=みだれ髪拾遺 (角川文庫クラシックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内に秘めた情熱を感じる、清新な歌集だ。
    まだ「生活」を知る前の、若き空想の中で存分に生きる、晶子の姿が思われる。

  • 改めて読むと結構ドロドロしていて、どきりとさせられる歌が少なくない。

  • 図書館から借りました


     短歌。
     有名どころ。

     情熱的な恋の歌。
     どうにも、内輪ネタが多いのだが。(白荻と呼ばれていた晶子、白梅、芙蓉、そしてライバルの白百合・・・。注を見ないとわからん。

     この中で気に入りは。
    「むねの清水あふれて つひに濁りけり 君も罪の子 我も罪の子」(ごろが良い
    「あえかなる 白きうすものまなじりの 火かげの栄(はえ)の 咀(のろ)はしき君」(恨み言っぽい
    ●「いさめますか 道ときますか さとしますか 宿世のよそに 血を召しませな」(いくら言われようが聞かないよ、って感じ。
    「八千草の 色よき花に よそはれて 柩(ひつぎ)にねむる 友うらやまし」(綺麗な歌だなー
    「恋人のやさしき胸に恁りそひて 笑みつつ逝(ゆ)きし 君は幸あり」(羨ましいの?

     とくに●。
     身内や友人達に不倫はダメだよ、とか言われたりとかして、晶子がむかーっとして言い返した感じがする。

全5件中 1 - 5件を表示

みだれ髪―附=みだれ髪拾遺 (角川文庫クラシックス)のその他の作品

与謝野晶子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

みだれ髪―附=みだれ髪拾遺 (角川文庫クラシックス)はこんな本です

ツイートする