「AV男優」という職業 セックス・サイボーグたちの真実 (角川文庫)

著者 : 水野スミレ
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年11月22日発売)
3.29
  • (2)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :50
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041020395

「AV男優」という職業 セックス・サイボーグたちの真実 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最初にばんっと提示される「AV 男優は 70 人しかいない」というところだけで、もう心がつかまれてしまった感じ。(^^;
    ま、実際、海外ホストのサイトにしかあがっていないような裏ものや、それこそ下っ端レベルのちょい役を含めれば、その何倍もいるんだろうし、インタビュー時と比べれば、数字に上下はありましょうけどね。
    まじめに答えている人と、ふざけ気味な人と分かれるとはいえ、普通、話題にあがりづらい人、職業の内実がわかるという点では、非常に愉しめる本だと思います。
    男の人(あと、旦那が高齢の既婚女性?(^^;)しかわからないだろうけど、「じゃ、これから始めてください」で始めることの大変さがわかります。(^^;
    プロという人が存在するだけのことはあるって感じかな。

  • AV男優、AV製作関係者へのインタビューと取材を通して、AV業界の真実の姿を真面目にあぶり出したノンフィクション作品。AV用語に対しても一つ一つ丁寧に真面目な解説があり、決してイロモノ本ではなく、ある意味で版学術本と受け止めても良いかも知れない。

    それにしても、AV女優10,000人に対して、AV男優70人とは、なんとも異常で歪な世界であろうか。故にAV男優は自ずと肉体を酷使する事になるのだが、それに対する報酬が安い事に驚く。また、AV業界30年の歴史の中で映像業界の技術革新とニーズの多様化により、AVが絶えず変貌し続けているのは面白い。

    文庫版には巻末に男優と監督の特別座談会を収録。

  • 正直、加藤鷹くらいしか知らなかったので…(笑
     
    女性側の話はよく聞くが、男性側の話はそれこそベールに包まれた世界だったので購入積読。

  • 新鮮味のあるテーマではあるが、現場のルポ以上のものが感じられなかったのが残念。

  • AV女優1万人に対して、AV男優は、わずか70人!
    プレッシャーがハンパない現場で、きちんと結果を残すプロ。すごいです。

全5件中 1 - 5件を表示

「AV男優」という職業 セックス・サイボーグたちの真実 (角川文庫)のその他の作品

水野スミレの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
卯月 妙子
ピエール ルメー...
佐々木 圭一
川村 元気
有効な右矢印 無効な右矢印

「AV男優」という職業 セックス・サイボーグたちの真実 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする