へっぽこ鬼日記 (4) (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 伊藤 明十 
  • KADOKAWA/角川書店
3.60
  • (2)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041020760

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Webでは南条の鬼に関する記述はほとんど出てこなかったから、大分差が出てきたなぁ。
    先代は亡くなっており、オネェ忍も出てきて大分緊迫感が出てきた。なんだか向こうのお家騒動に巻き込まれていきそうな気配の藤見家。
    今後が気になる。

  • 南条昴襲来~藤見帰還まで。
    主人公は、相変わらず周りを上手く誤解させていく天然っぷり。切腹場のシーンが好きです。この辺りはほぼ文庫オリジナルの流れかな?所々、WEB版にあったシーンが挟まれている気が。WEB版のときって昴いたっけ…。覚えてないなぁ…。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

兵庫県出身。アルファポリス「第五回恋愛小説大賞」読者賞を受賞し、同作にて出版デビュー。

へっぽこ鬼日記 (4) (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

田中莎月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする