飼い犬に咬まれました (角川ルビー文庫)

著者 :
制作 : 桜城 やや 
  • KADOKAWA/角川書店
3.23
  • (0)
  • (4)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041020937

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 元ヤクザで忠実な番犬・志賀×SEXにトラウマありの金貸し・宗太。面白かったです。もうちょっとガッツリじっくりと読みたくなる作品でした、ルビーだから仕方ないけどw 宗太はカラッとした男前な性格でちゃんと自分を持っている所がいいし、宗太にしか懐かない番犬なんだけど、よくよく見てるとあまり言う事聞いていないような志賀もいいキャラでした。ラストもなあなあにしないで罪を償いにいくのも良かった。その後を読んでみたいですね。

  • いやホント残念なタイトル(笑)面白かったのに。会話とか台詞とかツボるものが多くてうまいなぁと思う。ドーベルマン元ヤクザ攻めがわかりやすく受けの前向きな性格も好み。友人2人のスピンとかあったりして?

  • 前半は結構スロースペースで読んでいましたが、後半は結構一気に読ませていただきました。攻めの志賀が前半と後半じゃ別人みたい。クールで無口で無表情。それが受けの宗太にでろでろに溶かされて(笑)後半はオオカミ状態だけど、待てをされて…いやはや、攻めの心理描写は書かれてませんでしたが、かなりキツかったんじゃないでしょうか。(笑)ヤクザがらみの話ですが、本人たちがヤクザではなく、便利屋&金貸しで、便利屋の方でのヤクザ絡みです。まだ続き出来そうですね。シリーズ化しても(・∀・)イイ!!かも。

  • ★3・5
    ルビーっぽくないお話だった。表紙のイメージから、コメディなのかなと思ったけど読んでみたら、母親のことやそれにまつわるトラウマだとかがわりとシリアスでした。致してるシーンが、ちゃんと全部が解決したあとっていうのも良かった。罪を償う為にしばらく離れ離れになる終わり方もルビーらしくなくて新鮮。あと、脇役の苑浦と段田が仲間になった時のエピソード読んでみたいなー。二人いいキャラしてた。
    表紙がすっごくイイ!桜城ややさんのこのイラストだから買ったし(笑)

全4件中 1 - 4件を表示

飼い犬に咬まれました (角川ルビー文庫)のその他の作品

李丘那岐の作品

ツイートする