Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ (2)

著者 :
制作 : 中原  TYPE-MOON 
  • KADOKAWA/角川書店
3.70
  • (5)
  • (18)
  • (13)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 178
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041021286

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 聖杯戦争の2回目に話は移り、1回目の聖杯戦争の話と同時進行で展開されていく。酷い裏切りにワクワクするけど、ネタバラシは次巻以降。じらすなあ。

  • 玲瓏館陣営の視点からの聖杯戦争が映され、始まりから結末まで書かれていたのて1巻に比べ読み応えはあり。
    大事な部分がぼかされてるのは変わらないけど後々書かれる…のだと思いたい。
    内面描写がしっかり書かれているだけに後々の結末を考えると可哀想すぎて…
    美沙代夜さんの在り方が今までの型月魔術師のどれとも違っていてとてもかっこよく見えるだけにつらい。
    しかしここまでやりたい放題なキャラクターは初めてじゃなかろうか。何をしたかすらわからず結果だけ見せられるのてお姉ちゃんが怖いのなんの。

  • ここを起点に少しずつ今まで触れてなかったFate派生も見ていくかな。起点にすべきものじゃないきもするが。ていうかまほよやれ>俺。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

シナリオライター、小説家。代表作として「スチームパンクシリーズ」(Liar-soft)、『殺戮のマトリクスエッジ』(ガガガ文庫)、PSYCHO-PASS『追跡者 縢秀星』(Nitroplus Books)、Fate/Prototype『蒼銀のフラグメンツ』(KADOKAWA)などがある。

「2014年 『灰燼のカルシェール What a beautiful sanctuary』 で使われていた紹介文から引用しています。」

Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ (2)のその他の作品

桜井光の作品

Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ (2)を本棚に登録しているひと

ツイートする