一私小説書きの日乗 野性の章

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.64
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041021385

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  『一私小説書きの日乗』『一私小説書きの日乗 憤怒の章』につづく、西村の日記の単行本化第3弾。

     何を食っただの、誰に会っただのというごく普通の日記なのに、不思議と「あと引き」で、ついつい手を伸ばして読んでしまう。
     もっとも、面白さの順番でいけば小説→随筆→日記であって、日記シリーズは読み返したいとは思えないが……。

     本書に記録されているのは、2013年の5月から6月にかけての日々。
     芥川賞受賞後の狂騒が一段落して、じっくり小説に取り組める環境が得られ、しかも仕事は山ほどある。そんな充実の日々が記録されている。

     もしかしたら本書こそ、西村の人生でいちばん幸せな時期の記録になるかもしれない。……などと要らぬことを思ってしまうのは、彼の本の売れ行きが急速に落ちてきているという噂を聞いたからだ。

     内容は、いつもどおり。鯨飲馬食と買淫(「夜、買淫。当たり」などと“評価”が記されるのみ)、編集者たちとの小競り合いと共闘、そして孤独な執筆の日々。

     自分が寄稿している『新潮』の編集長を文中でしばしば罵る(よくホサれないものだ)など、相変わらず私生活ではつきあいたくないタイプの男だが、小説を書くことにだけは真摯に取り組んでいる。
     とくに本書の日記は、初長編『疒(やまいだれ)の歌』の執筆時期と重なっているから、あの作品に力が込められていた様子がまざまざと伝わってくる。

     芥川賞を受賞して収入が一気に増えてからも、西村の食生活が変わらずつつましい(カップ麺やコンビニ食材が頻出し、酒のメインはいまも宝焼酎)点にも、好感がもてる。

  • 2013年5月21日から2014年6月19日までの日記。前作でずいぶんひどい人がいたものだと思ったが、その露悪的なところが病みつきになるところがあって、日記なので時間をおいてはまずいだろうと読んでしまう。

    今回はよく仕事をしていて、喧嘩も少ない。玉袋さんと取っ組み合いのケンカをしても仲直りしている。編集者とは二人くらいともめてるけど騒動にはなっていない。

    体調的には親知らずの抜歯と後半痛風と頸椎症性神経根症がダブルで押し寄せてきてる。

    食べたものをベースに買淫がアクセントになりつつ快調に読めるのが魅力的。自分も少し真似て日記を書いている。

    たまにおススメの作家なども出てくる。今回は藤野可織さん。自分をほめてくれる人に会うとすぐゴロニャンとなってしまう。自分は五流作家と卑下しつつ、弱い者を見ると声高になるキャラクターであり、それを嫌われるのを承知で書いてしまう覚悟がありますね。

    読み続けることに意味がある日記シリーズかもしれない。初版は11月末に出ているので今年もそのくらいでしょうか。

  • 第一弾以降読んでいなくて、最近文學界か何かに自分の日記を読みなおすのは苦痛とか書いてあったのを読んだら不思議と読みたくなってまた手に取ってしまった。
    相変わらずすごい食いっぷり。(私の三日分ぐらいのカロリーを一食で摂っているとかざら)そして著作もついに30冊を超えたとか。ご活躍何より。この人の文章は本当飽きない。いついかなるコンディションでも読める稀有な作家。憤怒の章と『一日』も読もう。面白い。

  • 週刊誌の女性記者二人現れ、自分を見て嬌声を上げる。やたらチヤホヤしてくれ、随分と思い切った性的挑発の言辞まで弄してくれ、内心舌舐めずりしつつ帰り際に二人の連絡先を聞く。色々と期待と股間が膨らむ一夜。ショートメールを送ってみる。返信はあったものの、かの夜の狂的に弾けた調子とは打って変わった事務的で素っ気ない文言。追ってご連絡させていただきます、とのやんわりとした拒絶の返答。結局、追っての連絡は来なかった。華やぎの中にもそこはかとないペーソスが漂う。買淫の記述が日を追うごとにバリエーションに富んでくる。辛うじて当たり、はずれと言えばはずれ。いろんな意味でややはずれ。あたりは久しぶりが幸いした感じ。大当たり、気持ちよかった。会心とは言えず。・・・・・頸椎症性神経根症の罹患で日乗は終わる。相変わらずの自己中心的身贔屓に薄ら笑いを浮かべながら、どこかほっとしてしまう。

  • ☆☆☆3つ

    ふと、どうしてこの作家の本をこうもひとつ残らずせっせと読んでいるのだろう、と思うことがある。 しかもこれが只の日記なんだよ!

    しかしどうやら食い物の趣味が似ているところにその理由がありそうだ。 夜中明け方近くに「赤いきつね」と「緑のたぬき」をすすってから寝るのはめちゃ体に良くないけどウマそうだなぁー、と共感していると言う事。

    まあ、第一意的には文体の独特さと文章の「上手さ」に主因があるのだろうけれど、わたしにとってはこの食い物の件もまんざらではないのだ。

    たぶん。すまぬ。

  • 914.6

  • 一見何のことは無い、西村賢太さんの日記。
    しかし、味わい深し。
    一日何もしていないような日も多く、
    買淫も手淫も、恥ずることなく晒す。
    そんな飾りのないところが大好きである。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1967年7月、東京都江戸川区生まれ。中卒。
2007年『暗渠の宿』で野間文芸新人賞を、2011年「苦役列車」で芥川賞受賞。刊行準備中の『藤澤清造全集』を個人編輯。文庫版『根津権現裏』『藤澤清造短篇集』を監修。
著書に『どうで死ぬ身の一踊り』『二度はゆけぬ町の地図』『小銭をかぞえる』『廃疾かかえて』『随筆集 一私小説書きの弁』『人もいない春』『寒灯・腐泥の果実』『西村賢太対話集』『小説にすがりつきたい夜もある』『一私小説書きの日乗』『東京者がたり』『棺に跨がる』『無銭横町』『形影相弔・歪んだ忌日』『蠕動で渉れ、汚泥の川を』『芝公園六角堂跡』などがる。

「2018年 『夢魔去りぬ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

一私小説書きの日乗 野性の章のその他の作品

西村賢太の作品

ツイートする