宮廷恋語り 波乱の宴と妃の舞 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : すがはら 竜 
  • KADOKAWA/角川書店
3.13
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :19
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041021774

作品紹介・あらすじ

新王・飛曜の『金銀の妃』選び審査が続くなか、ビンボー綿問屋の娘・翠凜に次なる試練が。それは、険悪すぎる妃候補たちと力を合わせて、異国の王子をおもてなしすること。けれど、翠凜は罠にはめられてしまい…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 琴の次は舞で、相変わらず外交官的な事はしていないのですが、恋愛部分は両想いなので可愛らしい。
    国や人物の背景があまり描かれていないので、新キャラ2人がせっかく登場したのに上手く活かされて無くてもったいない。
    特に黎明は行動理由を詳しく書いてくれるだけで、もっと魅力的になったんじゃないかなと思います。

  • 続刊が出ました。
    方向性は1巻と一緒。金銀の妃を決める最終選考で、バラバラの妃候補達をまとめあげ、隣国の王太子との問題を解決するという展開。
    作者が女子を描くのが好きだという言葉どおり、物語は1巻より女子との関係を描く方が多かった。

    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4498.html

全2件中 1 - 2件を表示

宮廷恋語り 波乱の宴と妃の舞 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

響咲いつきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

宮廷恋語り 波乱の宴と妃の舞 (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする