桜乙女と黒侯爵 神隠しの館と指輪の契約 (角川ビーンズ文庫)

  • 109人登録
  • 3.84評価
    • (10)
    • (18)
    • (17)
    • (0)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 清家未森
制作 : ねぎし きょうこ 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041021811

桜乙女と黒侯爵 神隠しの館と指輪の契約 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 身代わり伯爵も面白かったけどこっちもおもしろーい♡
    やっぱ甘さがないとさ!

  • 図書館で発見。

  • 清家さんの新しいシリーズは大正時代風?です。
    文体はほんとうにいつも読みやすくてあっという間に読んでしまいます。
    今回謎はあっさりしていますが、京四郎さんの背景についても今後も楽しみです。
    次回発売は2015年の3月予定ということで、身代わりの前にくるらしいですが、今からとても楽しみです。

  • 時は大正。新聞記者を目指す有紗は、家柄だけは良いお嬢さま。弟の学費を稼ぐため、華族である烏丸家の別荘で働くことになったある日、偶然手に入れた指輪の呪いで、烏丸家御曹司の青年・京四郎と主従契約(しかも有紗が主人)を結ぶことに!「そういうわけだから、君、思う存分に私を罵りたまえ」陰気で無表情な京四郎に苦戦する有紗。おまけに二人で、過去にこの別荘で起きた失踪事件の謎を追う羽目になり――!?

    清家先生の新シリーズ。人気投票で最も票があった大正ロマンシリーズに決定しましたね。
    設定は面白いですが、やはりまだ序盤なのでハマるほどではないかな。とりあえず烏丸家当主はいずこ??若いのに裏のお仕事で忙しい京四郎さんですが、結構裏表ありそうだなぁ。有紗を慰めてくれるシーンにはきゅんとしましたが。これから続けば京四郎の秘密と有紗のことを大事にする理由、あの意味ありげなプロローグの夢もつながってくるんじゃないでしょうか?まさかの身代わりより先に新刊出るとは・・・焦らすね!

  • 身代わり伯爵シリーズは一作しか読まなかったけれど、こちらは続きが気になるので、きっと次巻も購入。3月が楽しみかも。

  • なんちゃって大正ロマン+ミステリー+ファンタジー、といったところかな。
    とある事情から、とある侯爵家のお屋敷にメイドとして潜入することになった有紗が、やはりとある事情から侯爵家の息子京四郎と指輪の呪いで主従関係(有紗が主)となり…というお話。

    ミステリーとしてはほんとありふれた設定だけど、なかなかおもしろかった。
    主人公有紗が突っ走るタイプじゃなく、周りにいろいろ気を配って行動できるのがすごくわたし好みでいい感じ。ヒーローのほうは、身代わりシリーズで言えば猫抱えて生きてるあの人みたいなテンション低めの人。
    有紗(主)を京四郎(従)が傷つけたと指輪が判断すると、京四郎に痣ができてしまい、そのために触れようとしても触れられないという設定もおいしそう(笑)
    今後が楽しみなシリーズです。

  • はじまりー
    指輪物語ー 目立ってしょうがなさそうだなあ
    大正が続いてたら面白そうだったのにな日本
    しかし負けないとしょうがないのかな

  • 「そういうわけだから、君、思う存分に私を罵りたまえ」

    今作で一番印象に残ったヒーローの台詞です。
    意外とM気質があるのかなと思いました(笑)。

    舞台設定は大正時代で、ヒロインは袴にブーツ姿の16歳の女学生です。
    好奇心旺盛で正義感が強く、自ら危険な場所に踏み込んでいくタイプですが、基本的に素直な良い子なので特に行動にイラっとする事はなかったです。
    対するヒーローは謎に満ちた烏丸侯爵家の子息で25歳。
    いつも何を考えているのか分からない無気力な態度ばかり見せています。

    2人の年齢差は9歳になりますが、ヒーローの年齢が意外と高い事に驚きました!
    22〜24歳辺りを想像してました。

    京四郎が有紗を子供扱いするのは、彼の中では有紗はまだ幼い子供のままなので「子守」とか自然と口に出てしまうのではと考えると、微笑ましく思えました。

    やっぱり清家未森氏の文章は読みやすくて良いですね!
    スラスラと頁が進みます。
    吹雪に閉ざされた別荘内で令嬢失踪事件の謎を解くという、推理小説を読む面白さもありました!
    京四郎の本業についてや幼い有紗と別れた理由もまだ謎だらけですので、2巻も楽しみです。

  • 逆転主従感は弱いけれど、ミステリ仕立ての部分が面白くて満足。
    あまりぶっ飛んだキャラは好まないので地に足着いてる主人公が好感度高い。

  • 最初は突っ走ってぐちゃぐちゃにするヒロインかなと思ったが、それはなくて良かった。でも少し好奇心が強過ぎるかな。後半からのファンタジー要素に疑問。ミステリーじゃなかったのか。
    イラストがとても良かった。叔父に抱き上げられている挿し絵がすごく好き。

全17件中 1 - 10件を表示

桜乙女と黒侯爵 神隠しの館と指輪の契約 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

清家未森の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

桜乙女と黒侯爵 神隠しの館と指輪の契約 (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

桜乙女と黒侯爵 神隠しの館と指輪の契約 (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする