怪談撲滅委員会 幽霊の正体見たり枯尾花 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.35
  • (4)
  • (5)
  • (10)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 86
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041021927

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ホラーというかコメディというか。きょうふたいけんをすると髪の伸びる澪が謎の不良イケメン雲英に巻き込まれ怪談撲滅委員会のメンバーとして活躍?する話。続き物だったようで、3年零組の秘密や白首第4への入学の理由など回収されないままの伏線が多い。
    きらの怪談に対する説明が屁理屈すぎるし、解決の仕方も雑な感じ。あと1冊出てるみたいだが、終わる気がしない。

  • 2017.9.9 読了

    果たしてこれはホラーなのかどうなのか‥
    という一言。

    キャラがみんなぶっ飛んでて、主人公の女の子の妄想がこれまたぶっ飛んでたのが少し笑えた。

  • 口当たりのよく、しかし浅くならない範疇でライトな話だった。主人公の主張たる地の文とキラのセリフとでそれぞれ口上が長過ぎてうんざりするのが玉に瑕か

  • 「幽」で紹介されてて、気になってみたので。
    久々にラノベ調のもの読んだなー、とゆーか、最近のこういった表紙系の読んだの初めてかも、と。あーやっぱ学園ものって、心が洗われますね(?)。
    日本大丈夫か!といった状況ですが、東京オリンピック終わったら、そんな方向にもいきそうかも、とか思ったり。
    色々と小ネタに笑えつつ、これは次も買います。

  • 怪談をテーマにしたホラーコメディ。21もの学校の怪談がある高校に入学してしまった怖がりの少女が、謎の組織「怪談撲滅委員会」に強制的に入会させられ、学校の怪談を撲滅することに。
    コメディタッチの中でも、登場する怪談一つ一つはしっかり怖く、また怪談の成り立ちや変化、構成要素といった分析はすごく面白い。
    怪異に対処する方法もまた面白い。人の認識により姿を変えていく怪異に対して、悲劇を喜劇に変換することで怖くないものにしてしまうという。徹底的に怪談を口撃し、その性質を明るい噂話に変えてしまう。
    ノリについていけないところもあったけど読んでたら慣れてきた。
    主人公の澪が怪談に立ち向かう姿が健気。澪を巻き込んだ雲英は正直イヤなヤツなので言動には少しいらいら。
    雲英の語る空前のホラーブームや委員会の目的がどこまで真実で本気なのかが全く読めないが、続編で明らかになることを期待。

  • 最初は、主人公も微妙だし読みにくいな、と思っていましたが、
    どうやら前シリーズ(ミチヲ)と繋がりがあるようだぞ…??と気づいてからは、ぐいぐい読めました。
    澪の怒涛の妄想シーンは、思わず笑ってしまいました。
    続刊が楽しみです。

  • 学園ホラーコメディ。どうしようもなく抱腹絶倒です。
    怪談の撲滅。ホラー好きからすれば、「なんてことをするんだぁ!」と叫びたくなってしまう悪の所業の数々ですが(笑)。いや、怪談の流行り方自体がなんかおかしいし……そこまでブームにしなくてもいいですって。
    ぶっとんだキャラの数々も魅力の一つだったり。それにしても「エクソシス子」が気になってどうしようもないぞ。

  • 3つの学校が統合することによって
    「学校の七不思議」が21になった高校から
    その怪談を撲滅しようとする組織の話

    怖がり選手権があったらぶっちぎりで優勝するだろう主人公は
    生きて怪談を撲滅することが果たしてできるのだろうかーー!

    ***



    なかなか面白かった。
    出だしテンポよく、中は少したるみがち、後半は一気にと
    割と流れよく読めたと思う。
    中盤の、キラキラネームのキラがどうして怪談が悪なのかを語るシーンがとにかくダルかったし、
    何度同じことを繰り返すんだ??さっきもそれと似たようなことを言わなかったか??というか質問に対する答えになってないエエイいらいらする!!!!
    と本を閉じそうになったけど、
    怪談がきちんと怖さを伴って語られているのに、
    何故かギャグの方向に終着するのがなんというかクセになる感じだ。

    色々な謎が解明されていくのが楽しみだ

  • 幽霊詐欺師シリーズの関係者?とおぼしきキャラもちらほら!
    前作のファンも必見の超口撃型ゴーストハンティングストーリー。
    幽霊も悪口に弱いのです(笑)

  • あの犬はミチヲのとこの犬と同じ子!?

全11件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1974生まれ。2006年「夜は一緒に散歩しよ」で第1回『幽』怪談文学賞長編部門大賞を受賞しデビュー。主な小説作品に「幽霊詐欺師ミチヲ」シリーズ、「怪談撲滅委員会」シリーズ、『未完少女ラヴクラフト』『ラブ@メール』『いちろ少年奇譚』『童提灯』等がある。

怪談撲滅委員会 幽霊の正体見たり枯尾花 (角川ホラー文庫)のその他の作品

黒史郎の作品

怪談撲滅委員会 幽霊の正体見たり枯尾花 (角川ホラー文庫)に関連するまとめ

ツイートする