世界一初恋 ~横澤隆史の場合(6)~ (角川ルビー文庫)

著者 :
制作 : 中村 春菊  中村 春菊 
  • KADOKAWA/角川書店
3.91
  • (11)
  • (8)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 165
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041022085

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あっという間の5冊だった。
    どれも短いからすぐ読めるね。
    6巻だけは桐嶋さんのセリフがかっこよくてイイこと言い過ぎてて感動して涙が出そうになった。
    不器用な横澤さんのためを思って行動しちゃう桐嶋さんはほんと出来てる。
    今回さっとカッコよく登場した安田さんがやばかった。
    見る目がすごい鋭いしアドバイスも送る安田さんいいキャラしてる。
    あと作家の女の人、ダメだね〜。
    こっちまで嫌な思いしたよw
    次回作は出るのか、出ないのか…。

  • 桐嶋×横澤、シリーズ第6弾。今回は桐嶋の大学時代の同級生だという女性作家・大崎が当て馬として登場。仕事を理由にグイグイいく大崎、日和ちゃんをも巻き込んでいき、もろ公私混同な態度には気分が悪くなるよね… でも一貫して態度を変えない桐嶋がいいですねぇ♪ 彼女からの告白にキッチリと言ってくれる所も拍手ですw 横澤は悶々としてましたが、それでもちゃんと日和ちゃんをフォローする所はさすがだわ♡ 安定の2人で楽しみました。

  •  横澤くんと桐嶋くんのなんだかんだとラブラブな日々。

     でも、まぁ、横やりがはいるのは定番なので。
     なんつーか、このシリーズに出てくる女が、どいつもこいつも計算高くてやだ。でもって、その計算にひよりちゃんが含まれてるのがさらにいや。
     まぁ、父子家庭だから、子供との関係が最重要課題になるのは間違いなんだろうけどね。
     
     横やりだとしても、とりあえずひよりちゃんがなんかかわいそうになるのはやめてほしいです。はい。

     と、ひよりちゃんがいい子なのは、この先の二人の関係がバレた時への布石なんだろうけど、それが透けて見えてるのがなんか切ないなぁ。
     つか、バレた時に日和は今までのためた怒りとか反抗期とかで大爆発しちゃえばいいと思うよ。
     って、しないんだろうなぁ。
     
     と、めいいっぱい日和ちゃんに同情するのである。

     おっさん二人は勝手にやってろww

  • このシリーズ好き〜

  • 桐嶋さんに積極的にくる女性は変な人が多いな(笑)

  • あの女性の出現で苛々悶々としましたが、桐横のお互いを思い合う気持ちが丁寧に描写されていてよかったです。

    最初から桐嶋・横澤・日和の3人が『家族』って感じで萌えました。一緒に日和の作品を見にいくところなんか、もう本当、休日の幸せな家族像ですよね。この3人にはどんなに日々に大変なことがあっても笑顔と思いやりで幸せになってほしいなぁ。

    個人的には桐嶋さんに爪を切ってもらっているシーンに悶えましたw あぁいう感じで桐嶋さんには横澤さんをあまっあまに甘やかしていてほしいですね…!会社での2人のギャップに萌えが止まりませんでした///

  • 第6弾 !

    桐島に、アプローチをする女性出現!


    横澤はいろいろ思い悩むタイプなので、グルグルしていたけれど、桐島がブレずにきっちりフォローしてくれるので安心して読めました。
    横澤、どんどん可愛くなって行くのが良いwww

    劇場版で声を聴いてるせいか、桐島のセリフがきっちり蒼月さんの声で脳内再生されましたw

  • 編集長×営業マン
    相変わらずうだうだと悩んでた横澤さんだけど、今回は結構すぐに立ち直ってたし、素直だった。もしかしたらデレる日も近いかも?!
    安田さんもうちょっと絡んでくれるとおもしろいとも思う。

  • 好きな設定だけど、いろいろ簡単に解決しすぎでもの足りん!
    いらんとこばかりくどくて。肝心なとこスルーかよ!……って感じどす。

  • 相変わらず横澤・ひよ、健気でかわゆい。
    今回は公私混合した女が登場。いらっとしたよ。

全10件中 1 - 10件を表示

藤崎都の作品

世界一初恋 ~横澤隆史の場合(6)~ (角川ルビー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする