she & sea 海上の覇者と愚者

著者 :
制作 : カズアキ 
  • KADOKAWA/角川書店
3.92
  • (7)
  • (11)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041022573

作品紹介・あらすじ

異世界で海賊王ガルシアに拾われた少女、笹良。海賊たちとの距離が少し縮まったのもつかの間。海賊船に見慣れぬ船が近づいてくる。それは美しき娼婦たちを乗せていて…!? どこまでも甘く冷酷な海上ファンタジー!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 笹良ちゃん可愛いなぁ
    笹良ちゃんみたいな妹がいたら超可愛いかなぁ

    ヴィーの出番が少ないよ!
    もっと出して!
    カシカたんのドレス姿もみたいなぁ

  • 異世界で海賊王ガルシアに拾われた少女、笹良。
    海賊たちとの距離が縮まったのもつかの間、海賊船に見慣れぬ船が近づいてくる。その船には美しき娼婦たちが乗っていて…。

    1巻よりさらに面白くなってきた!
    色々とヘヴィな状況ではあるのですが、そういう容赦のなさが嫌いじゃないです。
    ただ、受け入れられないからひたすらダメダメって言うのは、やっぱり笹良のワガママでしかないかなぁと思います。
    ここはそういう世界でこういう考え方をするのが普通というのを受け入れた上で、自分の主張を通すにはどうすればいいのか。相手の気持ちも考えつつ、自分の思い通りにできる方法を見いだせたら、一番いいんですけどね~。でもそうするともう笹良が海賊女王になるしか…(笑)
    これから笹良がこの世界でどう行動していくのか、楽しみですね~。

    一方恋愛方面はガルシアにどんどん惹かれてる状況で。
    ガルシアは……相変わらず私は掴めないなぁ。笹良のこと気に入っているかと思えば、突然残酷に殺そうとしてもくるので、正直この人が何考えてるか分からん。
    本気で付き合おうと思ったら、もっと深いところまで、それこそ彼の過去まで知らないといけない気がします。頑張れ!
    でも私としてはヴィーを押したい。
    ヴィーも中々に暗いものを持ってますが、もう笹良と一緒に居るだけでニヤニヤしてしまう!(笑)
    だからカシカがお世話係になってしまって、一気に出番が少なくなった時はもう…落ち込みました。そんなぁ。表紙まで飾ったのに!

    そしてルーアさんはとても綺麗な人でしたね~。
    正直、絶対裏があるとか、性格悪いに違いないとか疑ってかかってたので、ほんとにいい人だったのでびっくりしたっていう(笑)
    でも笹良はああやって突き放すしかなかったのかな~とは思いました。ルーアのために、ルーアに傷ついて欲しくないから、という理由で納得させるのは無理だったのかなぁ、と。
    最後死んだ目をして別れてましたからね。私的にはそのせいで恨まれないかが心配だ。

  • 異世界で海賊王ガルシアに拾われた少女・笹良。
    海賊達との距離が少し縮まったのもつかの間、海賊船に見慣れぬ船が近づいてくる。
    それは美しき娼婦たちを乗せていて…!?

    ハディの誘拐を逃れて再びガルシアの船に戻った笹良。でも自ら戻ったおかげか、次第に海賊の面々も笹良にちょっとだけ情を見せてくれるように。本当に微々たる感じではあるけど、その進歩に何だかニヤニヤする。
    さらに今回は娼婦たちが一時的に乗船することになって、笹良はやきもき。ルーアは最初裏があるタイプかと疑っていたけど、本当に心根の優しい女性だったようで嬉しかった。ただすごく優しくていい人だっただけに、最後の顛末はとても切ない。笹良の為を思ったのだろうけど、それなら笹良がそれをどう思うかも予想付きそうなのになぁ。
    女繋がりで、ここでまさかのカシカの秘密が。そうか、まさかのオチだったなぁ。でも心を許すと途端にすごく世話焼きになったカシカは可愛い。それだけに制裁は辛いものがあったけど。
    ガルシアの海賊船の仕組みも少し明かされた。石の部屋の話は重いなぁ。けどこういうとこで嫌悪ではなく手を差し伸べようとするあたり、笹良は真っ直ぐでいい子だと感じたり。その突拍子のなさで振り回されているヴィーや他の面々が何だか微笑ましい。
    それにしても多分お相手としてはガルシアなんだろうけど、他の面々の方が接点多くてニヤニヤさせられる。ヴィーは前巻から気に入ってたけど、ジェルドやギスタも今回はいい味出してた。

  • 早く続き読みたいな。

    R指定付けときます。
    お年頃の小中坊、お気をつけ下さいませ!

  • うーん。1巻目に引き続き萌えますが…やはり言葉遣いが気になる。数時間でさくっと読んで萌えたい人向け。意外と現実的なところもあってそこは妄想を掻き立てられる。今後この海の上の暴力的で劣悪な(ある意味妄想パラダイス)密室で恋は平和に成就するんだろか。私はヴィー推し。

  • 表紙はヴィーか♪文句言いながらも世話を焼いてくれるヴィーはお気に入り♪でもこの巻読むと、今後笹良に対する態度と気持ちは変わっていくんでしょうね。ジェルドの大型犬っぽいとこも好き。ただこちらは気をつけないと首筋ガブッとやられるわ。まぁ、周り海賊ばかりなんで油断大敵ではあるんだけどね。ガルシアの変態っぷりにちょっと引いた。あれ、まじでやる人いたら女性陣みんな引くよ。でも、笹良同様嫌いになれないのよね。河特典のペーパーは海賊船での女子会みたいだったな(笑)

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

9月7日生まれ。860万アクセスの大人気WEBサイト「27時09分の地図」(http://ash-map767.riric.jp/index.htm)でia(イア)名義でオリジナル小説を公開中。2012年ペンネームを糸森環と改め、「花術師」(双葉社)でデビュー。「she&sea」シリーズ「花神遊戯伝」シリーズ「F-エフ-」シリーズ(株式会社KADOKAWA 角川書店)を刊行。

「2018年 『竜宮輝夜記 染まれ君よと、恋に舞う』 で使われていた紹介文から引用しています。」

she & sea 海上の覇者と愚者のその他の作品

糸森環の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
糸森 環
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする