百器徒然袋 雲外鏡 薔薇十字探偵の然疑 (怪COMIC)

著者 :
制作 : 京極 夏彦 
  • KADOKAWA/角川書店
4.06
  • (20)
  • (18)
  • (14)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 197
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041022955

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 相変わらず痛快だなー。
    京極堂の砕けぶりも好き。

  • 京極堂シリーズの濃いィキャラを、志水さんはほんとよく絵に表してる。
    みんなすっごくそのもの!
    青木刑事がバッチリなんだな~♪

  • 京極堂にはお見通し。

  • 一応探偵物なのに探偵が最後20ページくらいしか出てこないのが流石。
    電光石火の解決ってやつですね。

  • 実際こんな探偵いたらたまんないだろうなー。
    探偵やってみたいわー。

  • 五徳猫事件のおまけ的なエピソード。
    榎木津に喧嘩を売るとどうなるかよくわかりますね。

  • 原作の『百器徒然袋 風』を読んでるのに
    綺麗に内容を忘れていた私…il||li _| ̄|○ il||l
    読んでて思い出すかと思ったら
    思い出しもしなかったよ~σ(^∇^;)ははー。
    でもコレって…
    こんなあっさりアサリ汁の内容だったか?「(´へ`;
    とある会社の関係者が
    榎木津の社会的名声のダメージを狙って
    榎木津の下僕、本島を拉致…
    なんとか脱出をするが本島は自分でも知らないうちに
    訳の判らない展開に巻き込まれる。
    ちょっと鈍感な本島はこの展開に頭がついていかない状態。
    そんな中、巷で噂の霊感探偵・神無月鏡太郎が本島を助けると言うが…


    毎回思うけど志水さんの絵ってイメージ通り
    思い描いた榎木津と愉快な仲間達のまんまヾ(≧▽≦)ノ

  • かなり最後の方まで肝心の探偵が出てこない(笑)。
    いつも通り下僕が右往左往して心配したところでおいしいところだけ持っていきます。
    京極堂がものすごく面倒そうで、本島への扱いもだんだん雑になっていく辺りが笑えます。

  • 五徳猫事件を受けての探偵挑戦譚だが、京極堂もあきれるくらい稚拙な計略が思った通りに暴かれ、少し物足りない感じがする。榎津探偵が暴れまくる解決にはスッキリ感あり。ところで本島くんの名前って?
    15-2

  • 新刊出ていた。
    『雲外鏡』はもともとそんなに込み入った話でもないし、どちらかというと『五徳猫』のおまけみたいな感じなので、それはもうあっさりと。なのであまり書く事もないのですがもご。
    だんだん志水さんの素っ頓狂且つベストなキャラデザに慣れてきてしまったのか、神無月鏡太郎なんぞ普通の人に見えます。しかし青木くんがあまりにナチュラルにこけし然としすぎて、小説だけ読んでいたときは結構イケポジ(?)だったのに、漫画でシリアスに駆け込まれてきても、どうもシリアスに見えない…志水さん…罪なお人だ…。
    とりあえず本家の京極堂シリーズ新刊を待ちわびている次第です。

全20件中 1 - 10件を表示

百器徒然袋 雲外鏡 薔薇十字探偵の然疑 (怪COMIC)のその他の作品

志水アキの作品

ツイートする