新版 古事記物語 (角川ソフィア文庫)

著者 : 鈴木三重吉
制作 : 角川書店装丁室 
  • KADOKAWA (2003年1月23日発売)
3.53
  • (5)
  • (9)
  • (17)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :77
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041023051

新版 古事記物語 (角川ソフィア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 赤い鳥に発表した時に、三重吉自身が歴史童話と書き、警護が少し多い。それが時代を表している。

    むかでの室、へびの室

  • 1989 読了

  • 日本の成り立ちの神話。よくよく考えてみたら一度も通して読んだことがなかったため、読んでみた。

    もう少し詳細に語られている版を読んでみようかな。

  • 世界で自国の神話を知らない人など、
    あまりいないのではないだろうか。

    だが、日本人の何割が古事記の内容を知っているだろう。
    自分も子供のころによんだ一部の絵本の話しか記憶がない。

    日本人として、一度きちんと読んでおきたいと思っていたが、
    本書はちょうど良い読みやすさで良かった。
    (人名が覚えにくいのが難だが)

  • 請求記号:スズキ
    資料番号:011316833

  • 「神話」
    人は自らの姿を似せた者を生み出し崇拝しましたとさ。

  • 06024

  • 読みやすく丁寧な子供にも分かる言葉で、ですがやっぱり生臭いところは生臭い神話。スクナヒコナやコノハナサクヤヒメ、あと私の友達の注目していたマヨワノオウのエピソードが面白かった。しかし解説がこの本を微妙に貶しているような妙な解説だった。

  • 妙に丁寧語や敬語が多いなあと思ったら書かれた時代の所為だったのですね。

    昔から征服者は土着の民を制圧して権力の座につくものなのでしょうが。兄弟同士の骨肉の争いは子供向けに書かれたオブラートに包まれた表現でもとげとげしいものだなあ、と思いました。
    何度か読んだことはあるはずなのですが忘れているエピソードも多いですねえ。

全12件中 1 - 10件を表示

新版 古事記物語 (角川ソフィア文庫)のその他の作品

古事記物語 単行本 古事記物語 鈴木三重吉
古事記物語 新書 古事記物語 鈴木三重吉

鈴木三重吉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
島崎 藤村
ウィリアム シェ...
三島 由紀夫
宮部 みゆき
和田 竜
ヘミングウェイ
ミヒャエル・エン...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

新版 古事記物語 (角川ソフィア文庫)はこんな本です

ツイートする