決起! コロヨシ!! (2) (角川文庫)

著者 : 三崎亜記
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年2月25日発売)
3.67
  • (2)
  • (7)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :78
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041023143

決起! コロヨシ!! (2) (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 三崎亜記の決起! コロヨシ!! 2、終舞! コロヨシ!! 3を読みました。
    コロヨシ!!の続編・完結編でした。

    パラレルワールドの日本を見ているような「この国」で「掃除」というスポーツに打ち込む高校生藤代樹が主人公の青春小説でした。
    物語の後半になってくると伝奇小説のような風味も加わってきて物語に引き込まれてしまいます。

    日本語でよく使われる言葉を独特の説明で別の意味に再定義し、それが「掃除」の極意にまつわる言葉として物語っていく三崎マジックを楽しみました。

    ただ、漫然と読んでいると登場人物が女性なのか男性なのか勘違いしてしまうことがあって、もう少し登場するキャラクターの性格や行動の描き込みがあった方がいいのに、と思いました。

  • 三崎亜記によるファンタジースポーツ青春小説。続きのものの二作目。
    少年漫画誌的にスタンダードなスポ根を、キチッとした文体でやっている。
    展開に捻りはないものの、架空のスポーツの書き上げ具合はなかなか。これまた架空の国政を絡めた、競技相手以外との戦いもストイックに書いていて話に奥行きもある。
    ただ、主人公が課題にぶち当たって、周囲のなぞの人物たちとの修行で成長していくという過程に、「どんどんすごくなっていく」感じが上手く汲み取れない。ありきたりでも面白いものは、この辺りに興奮するものではないか。
    次が完結編。
    3+

  • 現実と紙一重ながら非現実的な世界を描くのがウリだと勝手に認識していた三崎氏ですが、本シリーズは予想範囲を遙かに超える独自の世界に引き込まれます。
    読み出すと止まらない。早く続きを読まなければ。

  • 再読。『コロヨシ!!』がスポーツの技術的向上に比重が傾いていたとするなら、『決起』はより精神的な施策と成長に比重が移り、より哲学的な雰囲気を漂わせる。しかし架空のスポーツをここまで厚みのある競技に作り上げる三崎さんてすごい。ちらりと出てくる「肩車スポーツ部」や「跳び剣部」も、脇に置いておくにはもったいないほど面白そうなスポーツだし。三崎さんの作り出す世界は本当に楽しい。そして次巻へ。

  • 樹の対は偲じゃなかった!続く。がぁ〜ん。これ2冊に分けてくれてまぁ良かったけど(重さ的に)3巻も持って出れば良かった…。架空の競技「掃除」はやはりとても面白いし興味深い。

  • 気がついたら文庫化されていた
    掃除がスポーツ認定されている世界の
    ファンタジースポ魂小説第二巻。
    (「となり町戦争」の著者が
     「もしも掃除がスポーツだったら」な世界を
     かなりディープに作り出してる。)

    登場人物たちが「こいつ…デキる!」
    みたいなのを感じとっていくのだけれど、
    理由が良く分からないので納得できず
    読者がおいてけぼりをくらう気分。

    居留地や西域の雰囲気を掴むためにも
    映像化(アニメーションかな?)が望まれる。

    主人公の樹が後輩達一人ひとりとの絡みで
    一緒に成長する描写は良い感じ。

    あと、後藤がやな感じのキャラ
    に育ったのがやっぱり残念。
    必要悪なりに今後見せ場が欲しいところ。

  • 『コロヨシ』の続編。
    単行本では大長編『決起!コロヨシ??2』だったそうですが、文庫化される際に『決起!コロヨシ??2』と『終舞!コロヨシ??3』に分冊されたそうです。そんな訳で話が途中で終わった感じ。やっぱりこれは別タイトルではなく、同一タイトルの上下巻にすべきものでしょう。
    というわけで、感想は『終舞』の方に。

全8件中 1 - 8件を表示

決起! コロヨシ!! (2) (角川文庫)のその他の作品

三崎亜記の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

決起! コロヨシ!! (2) (角川文庫)に関連する談話室の質問

決起! コロヨシ!! (2) (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする