目白台サイドキック 五色の事件簿 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.26
  • (2)
  • (13)
  • (17)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 121
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041023150

作品紹介・あらすじ

新人刑事の無藤太郎は、名探偵刑事・南塚と、名家の当主・北小路の盟友コンビのせいで、幽霊がらみの事件にかり出されるように。今度は北小路に届いた一通の手紙によって、驚くべき事件に巻き込まれ……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 連作短編でした。前回でひと段落したと思ったら、また新たな幽霊に出会って話が進んで行く…前作よりさらに幽霊色が強まっていました。これはミステリなのだろうか、とすこし悩みつつも、おもしろいからまぁいいかなと。北小路さんが活躍してました。南塚さんは控えめです。安楽椅子探偵のよう。無糖くんは体を張ってて大変そうだなぁと…しかし、まゆちゃんとフラグが立っていてニヤニヤしました。まゆちゃんがかわいかったです。この二人の関係にも注目したいです。
    もうすこし、ミステリらしいミステリが読みたいと思いました。また次がありそうな感じなので次も読もうと思います。

  • 目白台シリーズ#3

  • 目白台サイドキックシリーズ、3作目。

    前2作は、実は序章だったのかな。今作からは幽霊設定を前面に出し、いわゆるゴーストバスターとしての活躍が本格的となる。前2作で感じていた幽霊オチの中途半端感が無くなった分だけ、今作は面白く読めた。まだまだ裏に何やら怪しげな動きが垣間見える気もするけど、今後のお楽しみということで。

  • シリーズ3作目。短篇連作。ミステリーより幽霊退治がメインになって、また新たな敵が?無藤君と赤尾さんが?

  • 2015年10月5日読了。

  • 幽霊刑事が事件を解決する話。

  • 続くのですね。

  • またまたシリーズ3作目。今回はさらに続くってパターンでした。話が大きくなって来ました。話が幽霊の話なので、真面目に推理する訳じゃないけど、どんどん広がってる感じです。まあ、無藤君は成長してるとは思いますが。

  • 20150601 読了

  • 05/23/2015 読了。

    南塚さんより北小路さんのが活躍していたような…。
    無藤くんと麻結ちゃんがいい感じ…というか、
    麻結ちゃんから矢印出始めた気がします。

    執事さんもぜひイラスト化してほしい。

全16件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1959年愛知県生まれ。名古屋工業大学電気工学科卒業。90年『僕の殺人』で長編デビュー。代表作は、〈殺人〉三部作(講談社)、〈狩野俊介シリーズ〉(徳間書店)、〈新宿少年探偵団シリーズ〉(講談社)、〈霞田兄妹シリーズ〉(祥伝社)、など多数。

目白台サイドキック 五色の事件簿 (角川文庫)のその他の作品

太田忠司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

目白台サイドキック 五色の事件簿 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする