終舞! コロヨシ!! (3) (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.82
  • (5)
  • (5)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 83
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041023181

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三崎亜記の決起! コロヨシ!! 2、終舞! コロヨシ!! 3を読みました。
    コロヨシ!!の続編・完結編でした。

    パラレルワールドの日本を見ているような「この国」で「掃除」というスポーツに打ち込む高校生藤代樹が主人公の青春小説でした。
    物語の後半になってくると伝奇小説のような風味も加わってきて物語に引き込まれてしまいます。

    日本語でよく使われる言葉を独特の説明で別の意味に再定義し、それが「掃除」の極意にまつわる言葉として物語っていく三崎マジックを楽しみました。

    ただ、漫然と読んでいると登場人物が女性なのか男性なのか勘違いしてしまうことがあって、もう少し登場するキャラクターの性格や行動の描き込みがあった方がいいのに、と思いました。

  • 三崎亜紀のファンタジースポ根。完結巻。
    良し悪しは、二作目と同じ。架空のスポーツと、それを取り巻く世界の設定は、破綻なく興味深いので面白い。しかし他方で、競技の描写が抽象的かつワンパターンで、どっぷりとはまることが出来ない。
    最終巻ということで大きくした話を着地させているのはよいが、さすがにご都合主義過ぎる嫌いもある。まぁ、この作風で裏切る展開はなかなか作れないと思うが。
    と、思うところは多々あるが、なかなか実力派の作家が書く小説ではないので、そういう楽しさはあったと思う。
    それにしても解説がひどい。
    3-

  • 現実には全く存在しない「掃除」なのにイメージだけでここまで大きく展開するなんて、ただただ参った。久し振りに人に紹介したくなる作品に出会いました。

  • 再読。スポーツ小説としてスタートしたはずのシリーズが最後にはここまで来るかというスケールの大きな話になってしまった。政治的な攻防とかは三崎さんらしいといえばらしいかな。でも、登場人物がみんな未来へ向かって頭をあげて進んでいくラストの清々しさは、スポーツ小説らしさで彩られた。続編を読みたいような、これで終わりでいいような、複雑な気持ち。梨奈のスピンオフとか読んでみたいかも。

  • いやいやいや一気に舞き込まれ大きな世界へ。樹を取り巻く家族の絆を感じた。偲との「対」にエロちっくなものも感じてしまったのは仕方ない。それはある意味では「対」だった大介と空の2人には感じ得ない、偲を唯一の相手と信じる樹の思念がどくどくと流れて来たから。決起に始まり結帰に終わる。コロヨシ、見事だ。そしてなにか幕開けの予感のするラスト。

  • ヒロイン高倉も合流し、
    卒業までの大会や国家陰謀に対して頑張る完結編。

    隠された掃除の奥義や
    樹回りの人物の秘密の解明、
    そしてライバルや恩師など、超えるべき人物との戦い…。

    ここまで少年漫画の王道展開を
    地で行ってもらうととても気持ちがいい。

    結局戦後久々に国が掃除を必要とした
    理由が明示されていないが、
    同じ世界観の他作品を読み返すと
    状況を把握できるかも。

    個人的には後藤に日の目が当たって良かった。

  • 何だか長編スポコンアニメです。
    「キン肉マン」とか「悟空」のノリです。最初は軽いものだったのが、どんどん拡張して行き、舞台も技もとてつもないものになってしまい(笑)。
    アニメを意識してるのか、登場人物も初代顧問の寺西先生は「スラムダンク」を思い起こさせるし、今回の顧問・牧田先生もどこかのアニメにモデルが居そうです(私は詳しくないので)。
    ただ、それが成功しているかというとチョット。何か所も「ずっこけ」シーンは作っているのですが、笑う前に「ああこのパターンね」と思ってしまいます。
    そもそも三崎さんは人を描くのはあまり上手くないのかな。考えてみれば、過去の三崎作品の中で思い出されるのは、作品に描かれる不思議な世界そのものだったり、廃墟建築のような不思議なシーンだったりで、ほとんど人物が出てきません。
    この作品でも世界観の構築は流石です。ある種の現実を下敷きにしながらも、それを見事に変換して現実から引きはがし、かつ説明しない所は読者が現実から補完してくれる。そんな設定です。
    何だか編集者に乗せられて、三崎ワールドにアニメを持ち込んだらどうなるのか実験してみた、そんな気がする作品です。
    しかし三崎さんの一番の持ち味はやはり「不条理な世界のなかの静謐感を感じる美しいシーン」と思えます。今回はアニメチックに楽しませてもらったけど、やはりそちらの世界に戻って頂けないかと。。。

全7件中 1 - 7件を表示

終舞! コロヨシ!! (3) (角川文庫)のその他の作品

三崎亜記の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

終舞! コロヨシ!! (3) (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする